>   近世   >   自然真営道

自然しぜん真営道しんえいどう
―安藤昌益が著した独自の思想書―

自然真営道
Amazon.co.jp

江戸中期の社会思想家安藤昌益しょうえき(1703~62)の思想書。稿本と刊本があり、稿本は101巻93冊。刊本は3巻3冊、1753年(宝暦3)3月刊行。

昌益の徹底した平等思想をもとに、「直耕」「互性」「自然の世」など独自の思想が説かれている。

自然トハ、互性ごせい妙道めうだうがうナリ。互性ごせいトハなんゾ。いはく無始むし無終むしゆうナル土活眞どくわつしん自行じかう小大せうだい進退しんたいスルナリ。

小進木せうしんもく大進火だいしんくわ小退金せうたいきん大退水だいたいすい四行しぎやうナリ。ひとリ進退シテ、八氣はつき互性ナリ。はじめつかさどつテ、せいみづナリ。

みづをはりヲ主テ、其ノ性ハナリ。ゆゑハ始ニモあらズ、水ハ終ニモ非ズ、無始・無終ナリ。

動始どうしヲ主テ、其ノ性ハ收終しうしゆうシ、かねハ收終ヲ主テ、其ノ性ハ動始ス。故ニ無始・無終ナリ。レガ妙道ナリ。

めうハ互性ナリ、だうは互性ノかんナリ。是レガ土活眞ノ自行ニシテ、不教ふけう不習ふしふ不増ふぞう不減ふげんひとルナリ。故ニ是レヲ「自然」トフ。

活眞トハ、轉定テンチあうニシテ、土眞ハテン央宮あうきゆう活活然くわつくわつぜんトシテ無始・無終、常ニ感行かんかうシテ止死しししらズ。

其ノきよ不去ふきよ不加ふかニシテ、其ノ自行ハ微止びしスルコト無シ、活然タル故ナリ。常ニすすん木火もくくわ進氣しんき金水きんすい退氣たいきヲ性トシテテン

常ニ退しりぞいテ金水ノ退氣、木火ノ進氣しんきヲ性トシテ轉定テンチあう體爲たいたリ。進氣ノせいこるニシテ、うちつきそなヒテ轉神テンしん

退氣たいきせいこるつきニシテ、内ニヲ備ヒテ定靈ちれい日月じつげつ互性ごせい晝夜ちうや互性ナリ。金氣きんき、八氣互性ヲ備ヒテ八星轉はつせいてん八方星はつぽうせい

日月ニシテ轉ニめぐリ、くだつテ定ヲはこビ、八氣互性ヲ備ヒテ、進氣ハ四隅しぐう、退氣ハ四方しはうニシテ、四時しいじ八節はつせつ、轉ニのぼリ、升降しようかう央土あうど和合わがふシテ、通横逆つうわうぎやくけつシ、こく男女だんぢよ四類しるい草木さうもく生生せいせいス。

是レ活眞、無始・無終ノ直耕ちよくかうナリ。故ニ轉定くわいじつせいげつ八轉八方横逆ニ運囘うんくわいスル轉定ハ、土活眞ノ全體ぜんたいナリ。

故ニ活眞、自行シテ轉定ヲツクリ、轉定ヲ以テ四體したい四肢しし府藏ふざう神靈しんれい情行じやうかうト爲シ、つね通囘轉つうくわいてん・横囘・逆囘央土ト一極いつきよくシテ、逆發穀ぎやくはつこく、通開男女ヒト、横囘四類、逆立草木ト、生生直耕シテやむコト無シ。

故ニじんぶつ各各かくかくことごとク活眞ノ分體ぶんたいナリ。是レヲ「營道えいだう」ト謂フ。故ニ、八氣互性ハ自然、活眞ハ無二活むにくわつ不住一ふぢゆういつノ自行、じんぶつ、生生ハ營道ナリ。

此ノ故ニ轉定・人・物、所有あらゆる微塵みぢんいたるマデ、もくどうただ此ノ自然活眞ノ營道ニ盡極じんきよくス。故ニ自發じはつ書號しよがう、「自然眞營道」トルハ、是レノミ。(大序)