>   近世   >   和俗童子訓

和俗わぞく童子訓どうじくん
―貝原益軒が著したわが国初の教育論―

和俗童子訓・和俗童子訓
Amazon.co.jp

江戸中期の児童教育書。五巻。貝原益軒著。宝永7年(1710)刊。

貝原益軒が81才のときに著したものである。「総論」(一巻・二巻)、「随年教法」「読書法」(三巻)、「手習法」(四巻)、「教女子法」(五巻)の五巻から成る。

最後の「教女子法」は後人によって改修され、『女大学』の名で広く普及し、その後の女子教育に多大な影響を与えた。

本書は、わが国初の本格的教育論であるといえる。

聖人は、人の至り、万世の師なり。されば、人は、聖人のをしえなくては、人の道をしりがたし。ここを以て、人となる者は、必ず聖人の道を、学ばずんばあるべからず。

其おしえは、あらかじめするを先とす。あらかじめすとは、かねてよりといふこころ。小児の、いまだ悪にうつらざる先に、かねて、はやくをしゆるをいう

はやくをしえずして、あしき事に染みならひて後は、おしえても、善にうつらず。いましめても、悪をやめがたし。古人は、小児の、はじめてよく食し、よくものいう時よりはやくおしえしと也。(巻第一 総論上)

小児のともがら、たはぶれ、おほくいうべからず。人のいかりををこす。又、人のきらふ事、いうべからず、人にいかりそしられて、益なし。世の人、おほくいやしきことをいふとも、それをならひて、いやしき事いうべからず。小児のことばいやしきは、ことにききにくし。(巻第二 総論下)

七歳、これより男女、席をおなじくしてならび坐せず、食を共にせず。此ころ、小児の少知いでき、いう事をきき知るほどならば、其知をはかり、年によろしきほど、やうやく礼法をおしゆべし。又、和字かなのよみかきをも、ならはしむべし。(巻第三 随年教法)

凡そ書をよむには、必ずまず手を洗ひ、心につつしみ、かたちを正しくし、几案きあんのほこりを払ひ、書冊しょさくを正しく几上きじょうにおき、ひざまづきてよむべし。

師に、書をよみ習ふ時は、高き几案の上におくべからず。ちつの上、或は文匣ぶんこう矮案ひききつくえの上にのせて、よむべし。必ず、人のふむせき上におくべからず。

書をけがす事なかれ。書をよみおはらば、もとのごとく、おほひおさむべし。もし急速きゅうそくの事ありてたちさるとも、必ずおさむべし。

又、書をなげ、書の上をこゆべからず。書を枕とする事なかれ。書の脳を巻きて、折返へす事なかれ。つばきを以て、よこがみあぐる事なかれ。

故紙こしに経伝の詞義しぎ、聖賢の姓名せいめいあらば、つつしみて他事に用ゆべからず。又、君上の御名、父母の姓名ある故紙こしをもけがすべからず。(巻第三 読書法)

「あいうゑを」五十字は、和音に通ずるに益あり。横縦よこたてによみ覚ふべし。かなづかひ、「てには」なども、これを以て、しるべし。「いろは」の益なきにまされり。国字かなも、皆是にそなはれり。片かなは、をそくをしえ知らしむべし。(巻第四 手習法)

をよそ婦人の、心ざまの悪しきやまいは、和順ならざると、いかりうらむると、人をそしると、物ねたむと、不智ふちなるとにあり。凡そ此五の病は、婦人に十人に七八は必ずあり。是婦人の男子に及ばざる所也。みづからかへり見、いましめて、あらためさるべし。(巻第五 教女子法)