>   近世   >   慎思録

慎思録しんしろく
―貝原益軒の教訓書―

慎思録
Amazon.co.jp

六巻。江戸時代の儒学者、貝原益軒かいばらえきけん(1630~1714)の教訓書。正徳4年(1714)成立。

学問・修養に関する意見を、中国の故事を引用して述べたもの。

人生百歳に満たず。あに放蕩ほうとう、日をむなしゅうしてこの生を空過することを惜しまざるべけんや。

古人いわく、「天地万古有り。この身ふたたび得ず。人生まれてただ百年。この日最も過ぎ易し。幸いその間に生まるる者は、有生の楽を知らざるべからず。また虚生の憂をおも わざるべからず」と。この言、時に省みるべし。(巻第一)

人を待つこと寛恕にして刻薄こくはくならざれば、すなわち人悦服す。夫子のいわゆる、みずから厚くして人を責むるに薄ければ、すなわち怨に遠ざかるとはれなり。(巻第二)

人の善をし、不善を作すや、もし人報ゆること能わざれば、すなわち天之に報ゆ。聖人積善の家には、かならず余慶よけいあり、積不善の家には、かならず余殃よおうありという。聖人のこの言信ずべし。疑うべからず。(巻第二)

君子の娯楽するや、常に閑淡かんたんを好む。『中庸』に曰く、「君子の道、淡にしていとわず」。けだし閑淡を楽しめばすなわち久しくして厭わず。かつ余味あり。鬧濃どうのうを楽しめば、すなわち久からずして厭う。また余味なし。いわんや楽しみを好んですさめば、すなわち楽しみいまだ尽きずしてうれいすでに生ずるや。(巻第三)

人好んで矯激きょうげきの行いをなす者は、名を好むの心勝れたるによるなり。(巻第四)

楽の過ぎる所、すなわち是れうれいの生ずる所なり。楽は憂いの根となす。憂いの在る所、かえって是れ楽の生ずる所なり。憂いは楽の根となす。是れまた禍福のあい倚伏いふくする理とあい似たり。(巻第五)

衆人は、おうおうその過ちを聞くことを喜ばずして、いさめこばみ、過ちをかざる。これみずから用うればすなわち小なるの至り、知らざるのはなはだしきなり。(巻第六)