>   中古   >   蜻蛉日記

蜻蛉かげろう日記にっき
―結婚生活に苦しんだ女性の半生記―

蜻蛉日記

日記。三巻。平安中期の歌人藤原道綱母みちつなのはは作。天延二年(974)以後の成立。

天暦八年(954)藤原兼家かねいえと結婚してのち、一子道綱をもうけたものの、夫の兼家が多くの妻をもち、兼家が通わなくなって夫婦関係が絶えるまでの結婚生活を記している。

一夫多妻の上流貴族社会の中で、不安定な結婚生活に苦悩や嫉妬や絶望を重ねながら、やがて一子道綱への愛や、芸術の世界に平安を見いだしていく21年間の心の遍歴を自伝風につづる。

本文中の名歌「なげきつゝ独りの明くるはいかに久しきものとかは知る」は『百人一首』にも入れられている。(53首目)

のちの『源氏物語』などの女流文学に大きな影響を与えた。

一 人にもあらぬ身の上(序)
 かくありし時ぎて、世中に、いとものはかなく、とにもかくにもつかで、世にる人ありけり。

容貌かたちとても、人にも似ず、心魂こころだましひも、あるにもあらで、かうもののえうにもあらであるも、ことわりと、思ひつゝ、たゞし起き明かし暮すまゝに、世の中におほかる古物語の端などを見れば、世におほかるそらごとだにあり、人にもあらぬ身の上まで日記にきして、めづらしきさまにもありなむ、天下てんげの人の、しな高きやと、問はむためしにもせよかし、と、おぼゆるも、過ぎにし年月としつきごろのこともおぼつかなかりければ、さてもありぬべきことなむ、おほかりける。

二 兼家の求婚
 さて、あはつかりし好き事どものそれはそれとして、柏木かしはぎの木高きわたりより、かく言はせむと思ふことありけり。

例の人は、案内あないするたより、もしは、なま女などして、言はすることこそあれ、これは、親とおぼしき人に、たはぶれにも、まめやかにも、ほのめかししに、「便なきこと」と言ひつるをも、知らず顔に、むまにはひ乗りたる人して、打ちたゝかす。

たれ」など言はするにはおぼつかなからずさわいだれば、もてわづらひ、取り入れて、もてさわぐ。

見れば、紙なども例のやうにもあらず、至らぬ所なしと聞き古したる手も、あらじとおぼゆるまでしければ、いとぞあやしき。ありけることは、

音にのみ聞けば悲しなほとゝぎすこと語らはむと思ふ心あり

とばかりぞある。「いかに。かへりごとは、すべくやある」など、さだむるほどに、古代なる人ありて、「なほ」と、かしこまりて、書かすれば、

語らはむ人なき里にほとゝぎすかひなかるべきこゑな古しそ

十三 町の小路の女
 これより、ゆふさりつかた、「内裏うちにのがるまじかりけり」とてづるに、心得こころえで、人をつけて見すれば、「町の小路こうぢなるそこそこになむ、とまり給ひぬる」とて来たり。

さればよと、いみじう心憂こころうしと思へども、言はむやうも知らであるほどに、ふつか三日みかばかりありて、暁方あかつきがたに、門をたゝく時あり。さなめりと思ふに、くて、開けさせねば、例の家とおぼしき所にものしたり。

つとめて、なほもあらじと思ひて、

なげきつゝ独りの明くるはいかに久しきものとかは知る

と、例よりは、ひきつくろひて書きて、うつろひたる菊にしたり。返りごと、「あくるまでも試みむとしつれど、とみなる召使めしつかひの、来合きあひたりつればなむ。いとことわりなりつるは。

げにやげに冬のならぬ真木まきの戸も遅くあくるはわびしかりけり」

さても、いとあやしかりつるほどに、事なしびたり。しばしは、忍びたるさまに、「内裏うちに」など言ひつゝぞあるべきを、いとゞしう心づきなく思ふことぞ、限りなきや。