>   中古   >   源氏物語

源氏物語げんじものがたり
―我が国古典の最高峰―

源氏物語
Amazon.co.jp

平安中期の長編物語。五十四じょう紫式部むらさきしきぶ作。11世紀初めの成立。
主人公光源氏の生涯を語る前編と、その子かおるの半生を語る後編とからなる。通常、前編を二分し、三部構成としている。

第一部(桐壺きりつぼ藤裏葉ふじのうらば)から第二部(若菜わかな上~まぼろし)までは、多くの女性との交渉を中心に光源氏の栄華と苦悩の生涯を描く。

第三部(匂宮におうのみや夢浮橋ゆめのうきはし)は、光源氏の死後、宇治を舞台に薫大将や匂宮など源氏の子孫と、宇治の八宮はちのみやの姫君たちとの恋愛、そしてその悲劇を綴る。宇治を背景とする最後の十巻は「宇治十帖うじじゅうじょう」と呼ばれる。

古典文学の最高傑作であり、後代への影響もきわめて大きい。古くは「源氏の物語」「光源氏物語」「紫の物語」などと呼ばれた。

現存の『源氏物語』は次の54巻からなる。

1.桐壺きりつぼ  2.帚木ははきぎ  3.空蝉うつせみ  4.夕顔ゆうがお  5.若紫わかむらさき  6.末摘花すえつむはな  7.紅葉賀もみじのが  8.花宴はなのえん  9.あおい  10.賢木さかき  11.花散里はなちるさと  12.須磨すま  13.明石あかし  14.澪標みおつくし  15.蓬生よもぎう  16.関屋せきや  17.絵合えあわせ  18.松風まつかぜ  19.薄雲うすぐも  20.朝顔あさがお  21.少女おとめ  22.玉鬘たまかずら  23.初音はつね  24.胡蝶こちょう  25.ほたる  26.常夏とこなつ  27.篝火かがりび  28.野分のわき  29.行幸みゆき  30.藤袴ふじばかま  31.真木柱まきばしら  32.梅枝うめがえ  33.藤裏葉ふじのうらば  34.若菜上わかなのじょう  35.若菜下わかなのげ  36.柏木かしわぎ  37.横笛よこぶえ  38.鈴虫すずむし  39.夕霧ゆうぎり  40.御法みのり  41.まぼろし  42.匂宮におうのみや  43.紅梅こうばい  44.竹河たけかわ  45.橋姫はしひめ  46.椎本しいがもと  47.総角あげまき  48.早蕨さわらび  49.宿木やどりぎ  50.東屋あずまや  51.浮舟うきふね  52.蜻蛉かげろう  53.手習てならい  54.夢浮橋ゆめのうきはし

 いづれの御時おほんときにか、女御にようご更衣かういあまたさぶらひ給ひける中に、いとやむごとなききはにはあらぬが、すぐれて時めき給ふありけり。

 初めより我はと思ひ上がり給へる御方々おほんかたがた、めざましき者におとしめそねみ給ふ。同じほど、それより下臈げらふの更衣たちは、まして安からず。

朝夕の宮仕へにつけても、人の心をのみ動かし、恨みを負ふつもりにやありけむ、いとあつしくなりゆき、もの心細げに里がちなるを、いよいよ飽かずあはれなるものに思ほして、人のそしりをもえはばからせ給はず、世のためしにもなりぬべきおほんもてなしなり。上達部・上人なども、あいなく目をそばめつつ、いとまばゆき人のおほんおぼえなり。(桐壺)

所につけてをかしき饗応あるじなどしたれど、幼き心地は、そこはかとなく慌てたる心地して、

「わざと奉れさせ給へるしるしに、何ごとをかは聞こえさせむとすらむ。ただ一言をのたまはせよかし」など言へば、

「げに」など言ひて、「かくなむ」と、移し語れども、ものものたまはねば、かひなくて、

「ただ、かくおぼつかなきおほんありさまを聞こえさせ給ふべきなめり。雲の遥かに隔たらぬほどにもはべるめるを、山風吹くとも、またも必ず立ち寄らせ給ひなむかし」と言へば、すずろに居暮ゐくらさむもあやしかるべければ、帰りなむとす。

人知れずゆかしきありさまをもえ見ずなりぬるを、おぼつかなく口惜くちをしくて、心ゆかずながら参りぬ。

 いつしかと待ちおはするに、かくたどたどしくて帰り来たれば、すさまじく、なかなかなり、とおぼすことさまざまにて、人の隠しゑたるにやあらむと、わが御心みこころの、思ひ寄らぬ隈なく、落とし置き給へりし習ひに、とぞ、ほんはべめる。(夢浮橋)