>   中古   >   紫式部日記

紫式部日記むらさきしきぶにっき
―『源氏物語』作者の仮名日記―

紫式部日記
Amazon.co.jp

平安中期の仮名日記。二巻。紫式部著。寛弘七年(1010)ごろ成立。

紫式部が仕えた土御門殿における敦成あつひら親王の誕生を軸に精細に描写した日記部分と、他の女房の批評や自己の生い立ち、性格、心境などを回想、述懐した消息的部分からなる。

とくに清少納言に対する批判は痛烈を極めており、式部の内面を知る資料としても貴重である。『紫日記』とも。

 秋のけはひ入り立つままに、土御門殿つちみかどどのの有様、いはむかたなくをかし。池のわたりのこずゑども、遣水やりみづのほとりの草むら、おのがじし色づきわたりつつ、おほかたの空もえんなるにもてはやされて、不断ふだん御読経みどきやうの声々、あはれまさりけり。やうやう涼しき風のけはひに、例の絶えせぬ水のおとなひ、夜もすがら聞きまがはさる。  御前おまへにも、近うさぶらふ人々はかなき物語するを聞こしめしつつ、悩ましうおはしますべかめるを、さりげなくもてかくさせ給へる御有様などの、いとさらなることなれど、き世のなぐさめには、かかる御前おまへをこそたづねまゐるべかりけれと、うつし心をばひきたがへ、たとしへなくよろづ忘らるるも、かつはあやし。(一)

 東面ひむがしおもてなる人々は、殿上人にまじりたるやうにて、小中将の君の、ひだりとうの中将に見合せて、あきれたりしさまを、のちにぞ人ごと言ひでて笑ふ。化粧けさうなどのたゆみなく、なまめかしき人にて、あかつきに顔づくりしたりけるを、泣きはれ、涙にところどころれそこなはれて、あさましう、その人となん見えざりし。宰相の君の、顔がはりしたまへるさまなどこそ、いとめづらかにはべりしか。ましていかなりけん。されど、そのきはに見し人の有様の、かたみにおぼえざりしなむ、かしこかりし。

 今とせさせたまふほど、御物怪もののけのねたみののしる声などのむくつけさよ。げん蔵人くらうどには心誉しんよ阿闍梨あざり兵衛ひやうゑの蔵人にはそうそといふ人、右近うこんの蔵人には法住寺ほふぢゆうじ律師りし、宮の内侍のつぼねにはちそう阿闍梨をあづけたれば、物怪にひき倒されて、いといとほしかりければ、念覚ねんがく阿闍梨を召し加へてぞののしる。阿闍梨のげんの薄きにあらず、御物怪のいみじうこはきなりけり。宰相の君のをぎ人に叡効えいかうを添へたるに、夜一夜よひとよののしり明かして、声もかれにたり。御物怪移れと召しでたる人々も、みな移らでさわがれけり。(十二)

 清少納言せいせうなごんこそ、したり顔にいみじうはべりける人。さばかりさかしだち、真名まな書き散らしてはべるほども、よく見れば、まだいとらぬこと多かり。かく、人にことならんと思ひこのめる人は、かならず見劣みおとりし、行末ゆくすゑうたてのみはべれば、えんになりぬる人は、いとすごうすずろなる折も、もののあはれにすすみ、をかしきことも見過みすぐさぬほどに、おのづから、さるまじくあだなるさまにもなるにはべるべし。そのあだになりぬる人のて、いかでかはよくはべらん。(五十)