>   中古   >   和漢朗詠集

和漢朗詠集わかんろうえいしゅう
―和歌と漢詩文を集めた歌謡集―

和漢朗詠集
Amazon.co.jp

平安中期の歌謡集。二巻。藤原公任きんとう撰。長和二年(1013)ごろ成立。

「和漢」とは和歌と漢詩文を指す。古来の和歌・漢詩句の中から朗詠に適する佳作804首を選び、四季・雑に分類したもの。

和歌は紀貫之・凡河内躬恒おおしこうちのみつねのものが、漢詩は白居易のものが多い。詩歌詠作の規範として流布し、また書道の手本ともなった。

かぜうてひそかに開く  芳菲はうひの候を待たず
春を迎へてたちまちに変ず  将に雨露の恩をねがはむとす    立春の日、内園に花をたてまる賦(巻上 春 立春)

池のこほり東頭とうとうは風度つて解く  窓の梅の北面は雪ほうじて寒し    篤茂(巻上 春 立春)

年のうちに春はきにけりひとゝせを去年こぞとやいはむ今年とやいはむ    元方(巻上 春 立春)

柳気力なくしてえだ先づ動く  池に波の文ありて氷尽く開けたり    白(巻上 春 立春)

今日こんにち知らずたれ計会けいくわいせし  春のかぜ春の水一時に来る    上に同じ(巻上 春 立春)

残更ざんかうになんなむとして寒磬かんけい尽きぬ  春香火かうくわに生つて暁炉げうろ燃ゆ    良春道(巻上 春 立春)

袖ひぢてむすびし水のこほれるのを春立つけふの風やとくらん    紀貫之(巻上 春 立春)

春立つといふばかりにやみよしのゝ山もかすみてけふはみゆらむ    忠岑(巻上 春 立春)

田地てんちに消えて蘆錐ろすい短し  春枝でうに入つて柳眼れり    元(巻上 春 早春)

先づ和風くわふうをして消息を報ぜしむ  いで啼鳥ていてうをして来由を説かしむ    白(巻上 春 早春)

わがせこに見せむと思ひし梅の花それとん見えず雪の降れゝば    赤人(巻上 春 梅)

壁に背けるともしび宿よべを経たるほのほを残せり
箱を開ける衣は年を隔てたるを帯びたり    白(巻上 夏 更衣)

生衣すずしのきぬは家人を待ちてむと欲す
宿醸しゆくぢやうはまさに邑老いふらうを招いてたけなはなるべし    讃州にて作る 菅(巻上 夏 更衣)

花の色にそめしたもとのしければ衣かへうき今日けふにもあるかな    (巻上 夏 更衣)

蕭颯せうさつたる涼風と悴鬢すいびんと  誰か計会けいくわいして一時に秋ならしむる    白(巻上 秋 立秋)

鶏のやうやく散ずるあひだに秋の色ほそし  の常にわしる処に晩声かすかなり    保胤(巻上 秋 立秋)

秋きぬと目にはさやかにみえねども風のおとにぞおどろかれぬる    敏行(巻上 秋 立秋)

十月江南天気ことむなし  憐れむべし冬のかげの春に似てうるはしきことを    白(巻上 冬 初冬)

四時しいじ零落して三分減じぬ  万物蹉跎さたとして過半しぼめり    醍醐御製(巻上 冬 初冬)

床の上には巻き収む青竹のてん  はこの中には開き出す白綿はくめんの衣    菅(巻上 冬 初冬)

神無月ふりみふらずみさだめなき時雨しぐれぞ冬の初めなりける(巻上 冬 初冬)

春の風はそらに庭前の樹を
夜の雨はひそかに石上の苔を穿うがつ    傅温(巻下 風)

入松じつしよう乱れ易し  明君が魂を悩まさむとす
流水返らず  列子がじようを送るべし    風中琴の賦 紀(巻下 風)

漢主の手の中に吹いてとどまらず
徐君じよくんつかの上にあふいでなほかかれり    行葛(巻下 風)

班姫あふぎを裁して誇尚くわしやうすべし
列子くるまを懸けて往還せず    保胤(巻下 風)

秋風の吹くにつけてもとはぬかなをぎの葉ならば音はしてまし    中務(巻下 風)

ほのぼのとありあけの月の月かげに紅葉もみぢ吹きおろす山おろしの風    (巻下 風)

白浪のよするなぎさによをすぐす海人あまの子なればやどもさだめず    海人詠(巻下 遊女)

年々歳々花あひ似たり
歳々年々人同じからず    宋之問(巻下 無常)

しやうある者は必ず滅す  釈尊いまだ栴檀せんだんの煙を免かれたまはず
楽しみ尽きて哀しみ来る  天人もなほ五衰の日に逢へり    江(巻下 無常)

あしたに紅顔あつて世路せいろに誇れども
ゆふべに白骨となつて郊原かうぐゑんちぬ    義孝少将(巻下 無常)

秋の月の波の中の影を観ずといへども
いまだ春の花の夢のうちの名をのがれず    江(巻下 無常)

世の中をなにゝたとへむ朝ぼらけこぎゆく舟のあとの白浪    沙弥満誓(巻下 無常)

手にむすぶ水にやどれる月かげのあるかなきかの世にこそありけれ    貫之(巻下 無常)

末の露もとのしづくや世の中のおくれさきだつためしなるらん    良僧正(巻下 無常)