>   中世   >   新古今和歌集

新古今和歌集しんこきんわかしゅう
―第八番目の勅撰和歌集―

新古今和歌集
Amazon.co.jp

第八番目の勅撰和歌集。二十巻。元久二年(1205)成立。歌数約二千首。

後鳥羽院の命により、源通具・藤原有家・藤原定家・藤原家隆・飛鳥井雅経・寂蓮(途中没)の六人の撰。

撰者のほか西行・慈円・藤原良経・藤原俊成・後鳥羽院・式子内親王など当代歌人が主流を占める。

仮名・真名の両序をもち、部立てなど『古今和歌集』に準じた面が少なくない。歌題・歌材による配列も緻密をきわめる。

繊細で優雅な調べが追求され、耽美的・ロマン的・情趣的な傾向が強く、その歌風は『万葉集』 『古今集』と並び称される。

八代集の一つ。新古今集。

春の夜の夢のうき橋とだえして みねにわかるるよこぐもの空(藤原定家朝臣・巻一)

はかなくて過ぎにしかたを数ふれば 花に物思ふ春ぞにける(式子内親王・巻二)

うちしめりあやめぞかをる郭公ほととぎす くやさつきの雨のゆふぐれ(摂政太政大臣・巻三)

見わたせば花も紅葉もみぢもなかりけり うらのとまやの秋の夕ぐれ(藤原定家朝臣・巻四)

みよし野の山の秋風さ夜ふけて ふるさと寒くころもうつなり(藤原雅経・巻五)

消えかへり岩間いはまにまよふ水のあわの しばし宿やどかる薄氷うすごほりかな(摂政太政大臣・巻六)

あはれなりわが身のはてやあさみどり つひには野べのかすみと思へば(小野小町・巻八)

皆人みなひとの知りがほにして知らぬかな 必ず死ぬるならひありとは(前大僧正慈円・巻八)

駿河なる宇都の山辺やまべのうつつにも 夢にも人にはぬなりけり(在原業平朝臣・巻十)

由良ゆらをわたる舟人ふなびとかぢをたえ 行方ゆくへも知らぬ恋のみちかも(曽祢好忠・巻十一)

まくらだに知らねばいはじ見しままに 君かたるなよ春ののゆめ(和泉式部・巻十三)

白妙しろたへそでのわかれにつゆおちて 身にしむいろの秋かぜぞ吹く(藤原定家朝臣・巻十五)

ほととぎすそのかみ山の旅枕たびまくら ほのかたらひし空ぞわすれぬ(式子内親王・巻十六)

もののふの八十やそうぢ川の網代木あじろぎに いさよふ波の行方ゆくへ知らずも(人麿・巻十七)

ねがはくは花のもとにて春死なむ その如月きさらぎ望月もちづきのころ(西行法師・巻十八)

熊野川くだす早瀬はやせのみなれざを さすが見なれぬなみのかよひ(太上天皇・巻十九)

夢や夢うつつや夢とわかぬかな いかなる世にかめむとすらむ(赤染衛門・巻二十)