>   中古   >   宇津保物語

宇津保うつぼ物語ものがたり
―我が国最古の長編小説―

宇津保物語

物語。二〇巻。平安中期成立。作者未詳。一説に源順みなもとのしたごう作とする。

「うつほ」とは仲忠なかただ母子が杉の空洞うつほにひそんでいたことにちなむ。

主人公藤原仲忠ふじわらのなかただを中心に、四代にわたるきんの名手の物語に、貴宮あてみやをめぐる婚姻譚、および皇位継承争いの話からなる。

やや統一を欠くが現存最古の長編小説であり、幻想的、伝奇的な『竹取物語』から写実的な『源氏物語』に展開していく過渡期の作品。「うつほものがたり」とも。

 むかし、式部大輔、左大辨かけて清原の大君ありけり。御子腹みこばらに、をのこ子一人持たり。その子、心のさときことかぎりなし。

父母「いとあやしき子なり。ひいでむやうを見む」とて、ふみも讀ませず、言ひをしふる事もなくておほしたつるに、年にもあはず、たけたかく心かしこし。

七歳になる年、父が高麗人にあふに、この七歳なる子、父をもどきて、高麗人とふみを作りかはしければ、おほやけきこしめして「あやしうめづらしきことなり。いかでこころみむ」とおぼすほどに、十二歳にてかうぶりしつ。(俊蔭)

 むかし、藤原の君と聞ゆる、一世の源氏おはしましけり。わらはより名高くて、顏かたち、心、魂、身の才、人にすぐれ、學問に心いれて、遊びの道にもりたち給へり。

時に、見る人「なほ賢き君なり。みかどとなり給ひ、國知り給はましかば、あめの下、豐かなりぬべき君なり」と、世界、こぞりて申す。

時に、よろづの上達部、御子達、むこにとらんとおもほす中に、時の太政大臣の一人娘ひとりむすめに、御かうぶりし給ふ夜、むことりて、かぎりなくいたはりて、住ませたてまつり給ふほどに、時のみかどの御妹、女一の皇女みこときこゆる、后腹きさきばらにおはします。(藤原の君)

 かくてまた嵯峨の御時に、源の忠恒たゞつねと聞ゆる左大臣おはしけり。又右大臣橘の千蔭と申すおはしけり。

世の中に、かたち清げに、心かしこき人の一にたてられ給ふ。おほやけにつかうまつり給ふにも、身の才、人にまさり給へり。

みかどは時めかし給ふことかぎりなし。一年に二たび三度、つかさ、かうぶり給はり、日毎に、くらゐまさりつゝ、年三十にて、左大將けたる右大臣になり給へり。(たゞこそ)