>   近世   >   春色梅児誉美

春色梅児誉美しゅんしょくうめごよみ
―春水による人情本の代表作―

春色梅児誉美
Amazon.co.jp

人情本。四編十二冊。為永春水ためながしゅんすい作。初・後編は天保三年(1832)刊、三・四編は天保四年刊。

吉原の遊女屋唐琴からこと屋の養子丹次郎たんじろうと、芸者米八よねはち、その同僚の仇吉あだきち、丹次郎の許嫁いいなずけお長を配しての複雑な三角関係の恋愛を描いた風俗小説。

春水の人情本は本作品によって確立された。

初編 巻之一
第一齣
野に捨た笠に用あり水仙花、それならなくに水仙の、霜除ほどなる侘住居わびずまゐ柾木まさきの垣も間原まばらなる、外は田畑の薄氷、心解こゝろとけあふ裏借家も、すめば都にまさるらん。

実とまことの中の郷、家数やかずもわづか五六軒、中に此ごろ家移やうつりか、万たらはぬ新世帯、主は年齢としごろ十八九、人品賤しからねども、薄命ふしあはせなる人なりけん、貧苦にせまる其うへに、此ほど病の床にふし、不自由いわん方もなき、容体もときの吉不祥よしふせう、いとゞ寒けき朝嵐、身にしみじみとかこち顔、ひとりわびしき門の戸に

「すこし御免なさいまし御免なさいまし

あるじ「アイどなたヱ

「そふいふお声は若旦那さんといひつゝあける障子さへ、ゆがむ敷居にやうやうと、あけて欠込かけこむ其姿、上田太織ふとりの鼠の棒縞、黒の小柳に紫の、やままゆじまの縮緬ちりめんを鯨帯とし、下着はお納戸なんど中形ちうがたちりめん、おこそ頭巾を手に持て、みだれしびん島田髷しまだわげ、素顔自慢か寐起ねおきままか、つくろはねども美しき、花の笑顔に愁の目元、亭主はびツくり顔うちながめ

「米八じやアねへか。どふして来た。そして隠れて居る此所ここが知れるといふもふしぎなこと。マアマアこちらへ夢じやアねへか トおきかへりてすはる

よね「わちきやアもふ、知れめへかと思つて胸がどきどきして、そしてもふ急ひで歩行たもんだからア、苦しい トむねをたゝき のどがひツつくよふだ トいひながらそばへすはり おまはんは煩つてゐさつしやるのかへ トかほをつくづく見て まことにやせたねへ。マア色のわりいことは。真青まつさをだヨ。何時分いつじぶんからわるいのだへ

「ナニ十五六日跡からヨ。大造たいそうなことでもねへが、どふも気がふさいでならねへ。それはいゝが手めへまア、どふして知つて来たのだ。聞てへこともたんとある トすこしなみだぐみてあはれ也

後編 巻之四
第七齣
さても丹次郎は、二階より下りかゝりたる段階子だんばしご、登る梅次と米八に、ぎよつとうしろを振向ば、かわゆき顔にあかねさすりんきの眼元、露ふくむお長がうらみ。

米八も、それと見るより角目立つのめだつこゝろを、やうやうおししづめ

よね「丹さん、まつておいでといつたのに帰りそうにしておいでだトいひながら、お長に向ひ

「ヲヤお長さんまことにお久しいねへ。たいそうに美くしくおなりだ。そしてマア少しの中に背丈ものびたことは。それじやアモウ何処へよめにお出でもいゝといひながら、丹次郎の顔をじろりと見る。丹次郎は知らぬ顔で

「ほんにちつと見ねへうち大きくなつたのう。今其処で逢て見そくなつたくらひだ

よね「ナニ見そくなふこともあるまいねへ。お長さん、男といふものはどうもたのみになるやうで頼にならないもんだ。のう梅次さんトすこし丹次郎にあてる。

うめ「そりやアそうだけれど、なんでも女の気魂次第さ。此方こつちほれりやアひともほれるから由断をするといかないよ

三編 巻之七
第十三齣
恋ゆゑにやつす姿もまことまことかの婦多川の米八が、今日めされたる梶原の、抱屋舗かゝへやしきの亀戸村、茶会に寄来る客人まれびとへ、酌取役の彭簡たいこもち、一座揃ひし大寄のその供部屋にしよんぼりと、人目つくろふ箱持に、なつて来りし丹次郎、待草臥まちくたびれて勝手より、庭につゞきし花畑月のあかりにうかれつゝ、思はず庭の端のかた、小高き岳に物好ものずきせし、放れ坐敷の椽側えんがわに、登りて見れば泉水の、向ふはさゞめく広座しき、終日過せし酒宴さかもりに、客も亭主も打混うちこんじ、取乱とりみだしたる無礼講、手にとるごとき大さわぎを、ながめて在しがうとうとと、寐気ねむけもよほす時しもあれ、息もせはしく欠来る人俤ひとかげ、何事やらん素足にて、此方こなた枝折戸しをりど突ひらき、欠込かけこむはづみ立上る、丹次郎に行当り、互にびつくり月影に、すかしながめて

「丹さんかヱ

「ヲヤヲヤお長か。どふして此所こゝヘト問れても、しばし涙に口ごもりて、返答せざれば丹次郎、障子をあけて小坐敷の、うちへ抱入だきいれ介抱し、

「ヲヽ大そうに動気がするのト、胸なで下せば心をしづめ

長吉「アヽまことにこわかつた。それはそふとどふして丹さんおまへは此所こゝにお出のだへ

四編 巻之十二
第二十四齣
「それさへお聞申せば、ぢきに方をつけますが、モシわたくしやア此本このほんの作者に憎まれてでも居りますかしらん、野暮な所といふと引出してつかはれます。しかしマアマア善悪の差別がわかつておめでたい。いづれ近日、何もかもおさまる様になりませう、トいふこといふてそこそこに帰る善孝ぜんかう、其跡に此糸このいとてうがはからずも、よろこびいさむ春の色、めでたく開く梅ごよみ、吉日ゑらみて、それぞれにおさまる家の大略おほよそを、こゝにしるせば、かのお由は藤兵衛が妻となり、又此糸は半之丞が方へ行、お蝶が素生はこれより後、六郎成清の正しにて、近常が種なるよし相わかり、丹次郎がことを内々世話になりし恩といひ、操めでたき娘なれば麁略そりやくにならずと、我子丹次郎が別段に名跡みやうせきをたつる心願かなひ、繁昌のもとひをひらく時に臨んで、お蝶は本妻となり、米八もひとかたならぬ貞実なれば、親の六郎へはれてお部屋さまとうやまはれ、いづれもその中むつまじく、新造しんざう糸花、遣手やりての杉、判人等善人よきひとは、いづれもすゑずゑめでたくさかへ、また悪人はそれぞれに罪をかうむり、四人の女子はお由を第一とし、此糸を二ばんとなし、三番目を米八とし、四人目をお蝶とさだめ、歳のじゆんにて内々は姉妹のやくそくをなし、子宝おほくまうけつゝ、幾代いくよかかほる春の梅、いりをこゝに寿ことほぎて、めでたく筆をおさめはべりぬ。