>   近世   >   好色一代女

好色一代女こうしょくいちだいおんな
―ある女の愛欲の生涯を描いた浮世草子―

好色一代女
Amazon.co.jp

浮世草子。六巻六冊。井原西鶴作。貞享三年(1686)刊。

一人の女の十三歳から六十五歳までの愛欲の生涯を描いた二十四章の物語。

公卿の娘として宮仕えした主人公が不義をして主家を追われた後、貧しい家を救うために、大名の側室や遊女となり、ついに私娼にまで転落してゆく生涯を描く。

巻一 老女のかくれ家
 美女は命を断斧たつをのと古人もいへり。心の花散ゆふべのたき木となれるは何れか是をのがれし。

されども時節の外なるあしたの嵐とは、色道しきだうにおぼれ若死わかじにの人こそ愚なれ。その種はつきもせず。

人の日のはじめ、都のにし嵯峨に行く事ありしに、春も今ぞと花の口びるうごく梅津むめづ川を渡りし時、mojikyo_font_065167怜当世たうせい男の采体とりなりしどけなく、色青ざめて恋にかたちをせめられ、行末頼みすくなく、追付をつつけ親に跡やるべき人の願ひ、「我れよろづの事に何の不足もなかりき。この川の流れのごとく契水けいすい絶へずもあらまほしき」といへば、友とせし人驚き、「我は又、女のなき国もがな。其所に行きて閑居を極め、惜しき身をながらへ、移り替れる世のさまざまを見る事も」といふ。

この二人生死各別のおもはく違ひ、人命短長の間、今に見果ぬ夢に歩み、うつゝに言葉をかはすがごとく、邪気乱つのつてたどり行かれし道は、一筋の岸根づたひに、防風あざみなど萌出もへいづるを用捨ようしやもなく踏分、里離なる北の山陰に入られしに、何とやらゆかしく、その跡をしたひしに、女松村立萩の枯垣まばらに、笹の編戸に犬のくゞり道のあらけなく、それより奥に自然の岩の洞静に、片びさしをおろして、軒はしのぶ草、すぎにし秋の蔦の葉残れり。

東の柳がもとにかけひ音なして、まかせ水の清げに、ここに住なせるあるじはいかなる御法師ぞと見しに、思ひの外なる女の臈闌らうたけて三輪組、髪は霜をけづつて、眼は入かたの月影かすかに、天色のむかし小袖に八重菊の鹿子紋かのこもんをちらし、大内菱おほちびしの中幅帯前にむすびて、今でもこの靚粧よそひさりとては醜からず。寝間とおもふなげしのうへに瀑板しやれいたの額掛けて、好色庵としるせり。いつ焼捨たきすてのすがりまでも聞き伝へし初音はつねこれなるべし。

巻二 世間寺大黒
 脇ふさぎを又明けて、むかしの姿にかへるは、女鉄拐てつかいといはれしは、小作りなるうまれつきの徳なり。

折ふし仏法の昼も人を忍ばす、お寺小性ごしやうといふ者こそあれ。我れ恥かしくも若衆髪に中剃なかぞりして、男の声遣ひならひ、身振りも大かたに見て覚へ、下帯かくも似る物かな、上帯もつねの細きにかへて、刀脇指腰さだめかね、羽織編笠もこゝろおかしく、作り髭の奴に草履もたすなど、物にれたる太鞁持たいこもちをつれ、世間寺のうとくなるを聞出し、庭桜見る気色に塀重門に入りければ、太鞁方丈に行きて、隙なる長老に何か小語、客殿へよばれて彼の男引きあはすは、「こなたは御牢人衆なるが、御奉公すまざるうちは、折ふし気慰きなぐさめに御入りあるべし。万事頼あげる」などいへば、住持はやうつゝになつて、「夜前やぜん、あなた方いらひで叶はぬ子下風薬を、去る人に習ふて参つた」といふて、跡にて口ふさぐもおかし。

後は酒に乱れ、勝手よりなまぐさき風もかよひ、一夜づゝの情代金子弐歩に定め置き、諸山の八宗、この一宗をすゝめまはりしに、いづれの出家も珠数しゆつけ切ざるはなし。

巻六 皆思謂おもはくの五百羅漢
 万木ばんぼく眠れる山となつて桜の梢も雪の夕暮とはなりぬ。是は明ぼのゝ春待つ時節もあるぞかし。

ばかり年をかさねて何の楽しみなかりき。殊更我が身のうへ、さりとてはむかしを思ふに恥かし。

せめては後の世の願ひこそ真言まことなれと、又もや都にかへり、ここぞ目前の浄土大雲寺に参詣まふで、殊勝さも今、仏名の折ふし、我もとなへて本堂を下向して、見わたしに五百羅漢の堂ありしに、これを立ちのぞけば、もろもろの仏達いづれの細工のけづりなせる、さまざまにその形の替りける。

これ程多き中なれば、必おもひ当る人のmojikyo_font_001466ある物ぞと語り伝へし。

さもあるべきと気をつけて見しに、すぎにしころ我れ女ざかりに枕ならべし男に、まざまざと生き移しなる面影あり。

気を留めて見しに、あれは遊女の時、又もなく申しかはし、手首に隠しぼくろせし長者町の吉さまに似て、すぎにし事を思ひやれば、又岩の片陰に座して給ふ人は、上京かみきやうに腰元奉公せし時の旦那殿にそのまゝ。

これには色々のなさけあつて忘れがたし。あちらを見れば、一たび世帯持し男、五兵衛殿に鼻高い所迄違はず。

是は真言まことのありし年月のちぎり一しほなつかし。こちらをながめけるに、横太りたる男、片肌ぬぎして浅黄の衣mojikyo_font_066172姿、誰やらさまにとおもひ出せば、それよそれよ江戸に勤めし時、月に六さいの忍び男、かうじ町の団平にまがふ所なし。

なを奥の岩組の上に色のしろい仏mojikyo_font_001466、その美男これもおもひ当たりしは、四条の川原もの、さる芸子げいこあがりの人なりしが、茶屋に勤めし折から女房はじめに我れに掛かり、さまざま所作をつくされ、間もなくたゝまれ、灯挑てうちんの消ゆるがごとく、廿四にて鳥辺野にをくりしが、おとがいほそり、目は落入り、それにうたがふべくはなし。

上髭うはひげありて赤みはしり、天窓あたまはきんかなる人有り。これは大黒になりてさいなまれし寺の長老さまに、あの髭なくば取り違ゆべし。

なんぼの調謔たはぶれにも身をなれしが、この御坊に昼夜mojikyo_font_023572かされて、らうさいかたぎに成りけるが、人間にはかぎりあり、そのつよ蔵さまも煙とはなり給ひし。

又枯木の下に小才覚らしきmojikyo_font_001466つきをして、出額でびたいのかしらを自剃じぞりして居る所、物いはぬばかり、足手もさながら動くがごとし。是も見る程思ひし御かたに似てこそあれ。

我れ哥比丘尼せし時、日毎に逢ふ人替はりし中に、ある西国の蔵屋敷衆、身も捨て給ふ程御なづみ深かりき。何事もかなしき事嬉しき事わすれじ。人の惜しむ物を給はりて、お寮の手前を勤めける。