>   近世   >   雨月物語

雨月物語うげつものがたり
―我が国怪異小説の最高傑作―

雨月物語
Amazon.co.jp

江戸中期の読本。五巻。上田秋成あきなり作。安永五年(1776)刊。

日本・中国の古典・伝説に取材した「白峰」「菊花の約」「浅茅が宿」「夢応の鯉魚」「仏法僧」「吉備津の釜」「蛇性の婬」「青頭巾」「貧福論」の九つの短編から成る。

中国小説の翻案が多い。怪異小説集の傑作であり、初期読本の代表作。


巻一 白峯
 あふ坂の関守にゆるされてより、秋こし山の黄葉もみぢ見過しがたく、浜千鳥の跡ふみつくる鳴海がた、不尽ふじの高嶺の煙、浮島がはら、清見が関、大磯小いその浦々。

むらさきにほふ武蔵野の原、塩竃しほがまなぎたる朝げしき、象潟きさがたあまとまや、佐野の舟梁ふなばし、木曽の桟橋かけはし、心のとゞまらぬかたぞなきに、なほ西の国の歌枕見まほしとて、仁安三年の秋は、あしがちる難波を経て、須磨明石の浦ふく風を身にしめつも、行く行く讃岐の真尾坂の林といふにしばらくつゑとゞむ。

草枕はるけき旅路のいたはりにもあらで、観念修行の便たよりせし庵なりけり。

巻一 菊花のちぎり
 青々せいせいたる春の柳、家園みそのうゆることなかれ。交りは軽薄の人と結ぶことなかれ。

楊柳茂りやすくとも、秋の初風の吹くに耐めや。軽薄の人は交りやすくしてまたすみやかなり。楊柳いくたび春に染れども、軽薄の人はたえとむらふ日なし。

 播磨はりまの国加古のうまや丈部はせべ左門といふ博士あり。清貧をあまなひて、友とするふみの外はすべて調度の絮煩わづらはしきいとふ。

老母あり、孟子の操にゆづらず。常に紡績うみつみぎを事として左門がこゝろざしを助く。

その季女いもうとなるものは同じ里の佐用さよ氏に養はる。この佐用が家はすこぶる富さかえて有りけるが、丈部母子の賢きを慕ひ、娘子をとめめとりて親族となり、しばしば事によせて物をおくるといへども、「口腹の為に人をわづらはさんや」とて、敢てうくることなし。


巻二 浅茅あさじが宿
 下総しもをさの国葛餝郡かつしかのこほり真間のさとに、勝四郎といふ男ありけり。祖父おほぢよりひさしくこゝに住み、田畠あまたぬしづきて家ゆたかに暮しけるが、生長ひとゝなりて物にかゝはらぬさがより、農作なりはひをうたてき物に厭ひけるまゝに、はた家貧しくなりにけり。

さるほどに親族うからおほくにも疎じられけるを、くちをしきことに思ひしみて、いかにもして家を興しなんものをと左右とかくにはかりける。

そのころ雀部さゝべの曽次といふ人、足利染の絹を交易するために、年々京よりくだりけるが、この郷に氏族やからのありけるをしばしば来訪らひしかば、かねてより親しかりけるまゝに、商人となりて京にまうのぼらんことを頼みしに、雀部さゝべいとやすくうけがひて、「いつのころはまかるべし」と聞えける。

かれがたのもしきをよろこびて、残る田をもうりつくして金にかへ絹素きぬあまた買積かいつみて、京にゆく日をもよほしける。


巻二 夢応の鯉魚りぎょ
 むかし延長の頃、三井寺に興義といふ僧ありけり。絵にたくみなるをもて名を世にゆるされけり。

つねに画く所、仏像山水花鳥を事とせず。寺務のいとまある日は湖に小船をうかべて、網引釣あびきつりする泉郎あまに銭を与へ、獲たる魚をもとの江に放ちて、其の魚の遊躍あそぶを見ては画きけるほどに、年を経て細妙にいたりけり。

 あるときは絵に心を凝してねふりをさそへば、ゆめのうちに江に入りて、大小の魚とともに遊ぶ。

さむればやがて見つるまゝを画きて壁にし、みづから呼びて夢応むをう鯉魚りぎよと名付けけり。

其の絵の妙なるをめで乞要こひもとむるもの前後をあらそへば、ただ花鳥山水はこふにまかせてあたへ、鯉魚の絵はあながちに惜みて、人ごとに戯れていふ。

「生を殺しあさらけくらふ凡俗の人に、法師の養ふ魚必ずしも与へず」となん。其の絵と俳諧とゝもに天下あめがしたに聞えけり。


巻三 仏法僧
 うらやすの国ひさしく、民作業なりはひをたのしむあまりに、春は花の下にやすらひ、秋は錦の林を尋ね、しらぬ火の筑紫路もしらではとかぢまくらする人の、富士筑波の嶺々を心にしむるぞそゞろなるかな。

 伊勢の相可あふかといふさとに、拝志はやしうぢの人、世をはやくつぎに譲り、いむこともなく頭おろして、名を夢然とあらため従来もとより身に病さへなくて、彼此をちこちの旅寝をおいのたのしみとする。

季子すゑのこ作之治なるものが生長ひとゝなりかたくななるをうれひて、京の人見するとて、一月あまり二条の別業にとゞまりて、三月やよひの末吉野の奥の花を見て、知れる寺院に七日ばかりかたらひ、此のついでに「いまだ高野山を見ず。いざ」とて、夏のはじめ青葉の茂みをわけつゝ、てんの川といふよりこえて、摩尼まにの御山にいたる。


巻三 吉備津きびつの釜
 「妬婦とふの養ひがたきも、おいての後其の功を知る」と、あゝこれ何人のことばぞや。

わざはひの甚しからぬも商工わたらひを妨げ物を破りて、垣の隣のそしりをふせぎがたく、わざはひの大なるにおよびては、家を失ひ国をほろぼして、あめが下に笑ひを伝ふ。

いにしへより此の毒にあたる人幾許いくばくといふ事をしらず。しゝみづちとなり、あるい霹靂はたゝがみを震ふてうらみを報ふ類は、其の肉をしゝびしほにするとも飽べからず。

 さるためしはまれなり。夫のおのれをよく脩めて、教へなば、此の患おのづからさくべきものを、只かりそめなるあだことに、女のかだましきさがを募らしめて、其の身の憂をもとむるにぞありける。

きんを制するは気にあり。婦を制するは其の夫の雄々ををしきにあり」といふは、にさることぞかし。


巻四 蛇性じやせいいん
 いつの時代ときよなりけん、紀の国三輪が崎に、大宅の竹助といふ人在りけり。此の人海の幸ありて、海郎あまどもあまた養ひ、はたの広物狭き物を尽してすなどり、家ゆたかに暮しける。

男子おのこゞ二人、女子むすめ一人をもてり。太郎は質朴すなほにてよく生産なりはひを治む。二郎の女子は大和の人のつまどひに迎られて、彼所かしこにゆく。

三郎の豊雄なるものあり。生長ひとゝなり優しく、常に都風みやびたる事をのみ好みて、過活わたらひ心なかりけり。

父是を憂つゝ思ふは、「家財たからをわかちたりともやがて人の物となさん。さりとて他の家をつがしめんもはたうたてき事聞くらんがやましき。只なすまゝにおふし立て、博士にもなれかし、法師にもなれかし、命のかぎりは太郎が羈物ほたしにてあらせん」とて、しひて掟をもせざりけり。

此の豊雄、新宮の神奴かんづこ安倍の弓麿を師として行き通ひける。


巻五 青頭巾
 むかし快庵くはいあん禅師といふ大徳のひじりおはしましけり。総角わかきより教外のむねをあきらめ給ひて、常に身を雲水にまかせたまふ。

美濃の国の竜泰寺に一夏いちげを満しめ、此の秋は奥羽のかたに住むとて、旅立ち給ふ。ゆきゆきて下野しもつけの国に入り給ふ。

 富田といふ里にて日入りはてぬれば、大きなる家のにぎはゝしげなるに立ちよりて一宿をもとめ給ふに、田畑よりかへる男、黄昏にこの僧の立てるを見て、大きにおそれたるさまして、

「山の鬼こそ来りたれ。人みな出でよ」

と呼びのゝじる。家の内にも騒ぎたち、女わらべは泣きさけび展転こいまろびて隈々くまぐまかくる。

 あるじ山おほこをとりて走り出で、の方を見るに、年紀としのころ五旬いそじにちかき老僧の、頭に紺染の巾をかづき、身に墨衣のやれたるを穿て、つゝみたる物を背におひたるが、杖をもてさしまねき、

「檀越なに事にてかばかり備へ給ふや。遍参の僧今夜ばかりの宿をかり奉らんとてこゝに人を待ちしに、おもひきやかくあやしめられんとは。やせ法師の強盗などなすべきにもあらぬを、なあやしみ給ひそ」といふ。

 荘主あるじおほこを捨てて手を拍て笑ひ、

渠等かれらが愚なる眼より客僧を驚しまいらせぬ。一宿ひとよを供養して罪をあがなひたてまつらん」

と、いやまひて奥の方に迎へ、こゝろよく食をもすゝめてもてなしけり。


巻五 貧福論
 陸奥の国蒲生がまう氏郷うぢさとの家に、岡左内といふ武士ものゝふあり。禄おもく、ほまれたかく、丈夫ますらをの名を関の東に震ふ。

此の士いと偏固かたわなる事あり。富貴をねがふ心常の武扁にひとしからず。倹約を宗として家の掟をせしほどに、年をつみて富みさかへけり。

かつ軍を調練たならいとまには、茶味さみ翫香ぐはんかうたのしまず、庁上ひとまなる所に許多あまたこがね布班しきならべて、心をなぐさむる事、世の人の月花にあそぶに勝れり。

人みな左内が行跡ふるまひをあやしみて、吝嗇野情の人なりとて、つまはぢきをしてにくみけり。

 家に久しきをのこに黄金一枚かくし持ちたるものあるを聞きつけて、ちかく召ていふ。

「崑山のたまもみだれたる世には瓦礫にひとし。かゝる世にうまれて弓矢とらんには、棠谿とうけい墨陽ぼくやうの剣、さてはありたきもの財宝なり。

されど良剣よきつるぎなりとて千人のあたにはむかふべからず。金の徳はあめが下の人をも従へつべし。武士たるものみだりにあつかふべからず。かならず貯へ蔵むべきなり。

なんぢ賤しき身の分限ぶげんに過ぎたるたからを得たるは嗚呼をこわざなり。賞なくばあらじ」

とて、十両の金を給ひ、刀をも赦してめしつかひけり。

人これを伝へ聞きて、

「左内が金をあつむるは長啄ちやうたくにしてあかざる類にはあらず。只当世の一奇士なり」とぞいひはやしける。