>   中古   >   日本霊異記

日本霊異記にほんりょういき
―我が国最古の仏教説話集―

日本霊異記
Amazon.co.jp

仏教説話集。三巻。薬師寺の僧景戒けいかい著。

「ニホンレイイキ」とも読む。正しくは『日本国現報善悪げんぽうぜんあく霊異記』。弘仁十四年(823)前後に成立。雄略ゆうりゃく朝から嵯峨さが朝までの説話116篇を、ほぼ年代順に漢文体で記述。

主として仏教の因果応報いんがおうほうの原理が説かれている。わが国最古の説話集。霊異記。

昔、ふるみやこの時に、ひとりの愚人有りき。因果をけず。僧のじきを乞ふを見て、忿いかりてたむとおもふ。

時に、僧、田の水に走り入る。追ひてとらふ。僧、忍ぶること得ずして、咒縛じゅばくす。愚人顛沛たふれ、東西かにかくに狂ひ走る。僧、すなはち遠く去り、眄瞻かへりみること得ず。

其の人にふたりの子有り。父の縛を解かむとおもひ、便すなはち僧の房にいたりて、禅師を勧請くわんじやうす。禅師、其のかたちを問ひ知りて、行きかへにす。ふたりの子、ねもころに重ねてをろがゐやまひ、父のやくを救はむことを請ふ。

其の師、すなはおもふるに行き、観音品くわんおんぼんの初段をじゆをはれば、すなは解脱げだつすること得たり。しかして後に、すなはち信心をおこし、邪をめぐらして正に入りき。(悪人、乞食こつじきの僧をおびえかして、現に悪報を得しえに 第十五)