>   中世   >   新撰菟玖波集

新撰しんせん菟玖波つくばしゅう
―室町後期に編集された准勅撰連歌集―

新撰菟玖波集
Amazon.co.jp

準勅撰連歌撰集。二十巻。宗祇そうぎら撰。明応四年(1495)成立。

菟玖波集』を継承し、永享元年(1429)以後六十年間の作品から約2000句を撰集。心敬しんけい宗砌そうぜい・宗祇・兼載らの作品が中心。

勅撰和歌集の部立ぶだてを踏襲しているのは『菟玖波集』と同様だが、俳諧の部が除かれている。新菟玖波集。

  • 日かげほのめく雨のあさかぜ
    山はけふ雲ゐにかすむ雪きえて(巻一・春上・宗砌法師)
  • 旅だちし故郷人をまつくれに
    山路は雲のかへるをぞみる(巻十一・旅上・宗砌法師)
  • むかへば月ぞこゝろをもしる
    西をのみねがふいほりの夜半のあき(巻十八・釋教・宗砌法師)
  • かすみこめたる木々のむらだち
    みぬはなのにほひにむかふ山こえて(巻一・春上・智蘊法師)
  • 庭にいりたつ木がらしの風
    さむき日は野べの小鳥も人なれて(巻六・冬・智蘊法師)
  • 一聲をたのむ思ひのたまさかに
    残るほたるやかりをまつらむ(巻四・秋上・法印行助)
  • わが心こそうはのそらなれ
    それとなくみしをおもひの始にて(巻八・戀上・法印行助)
  • 夏くればふかき清水を又汲みて
    岩ふみならしこもるやまでら(巻十八・釋教・能阿法師)
  • 又よといひし暮ぞはかなき
    ちるうちに人のさきだつ花をみて(巻七・哀傷・権大僧都心敬)
  • 身ををしまぬもたゞ人のため
    国やすくなるはいくさのちからにて(巻七・賀・法眼専順)
  • 老のあはれを月もとへかし
    風つらきひばらの山の秋の庵(巻十三・雑一・宗伊法師)
  • 雲なき月のあかつきの空
    さ夜枕しぐれも風も夢さめて(巻六・冬・宗祇法師)
  • なみだの水に身をやしづめむ
    さのみかくなげくもいかゞ苔のした(巻七・哀傷・法橋兼載)
  • むつまじきまでなれる袖の香
    いづくともしらぬにひきしあやめ草(巻三・夏・肖柏法師)
  • 夏の夜はたゞ時のまのほどなれや
    なけば雲ひくやまほとゝぎす(巻三・夏・宗長法師)