>   近現代   >   「いき」の構造

「いき」の構造こうぞう
―「いき」を哲学的に解明した名著―

「いき」の構造
Amazon.co.jp

哲学者九鬼くき周造(1888~1941)の代表作。昭和5年(1930)岩波書店から刊行。

序説、「いき」の内包的構造、「いき」の外延的構造、「いき」の自然的表現、「いき」の芸術的表現、結論の6章からなる。

ハイデッガー流の解釈学的方法によって、「いき」という日本的な精神構造を分析したもの。「いき」を男女間の「媚態」、武士道における「意気地」、仏教的な「諦め」の三つの要素のよって成り立つものとしている。

本書は日本思想史研究および日本文化論における代表的文献となっている。

 「いき」の第二の徴表は「意気」すなわち「意気地」である。意識現象としての存在様態である「いき」のうちには、江戸文化の道徳的理想が鮮やかに反映されている。江戸児えどっこの気概が契機として含まれている。

野暮と化物とは箱根より東に住まぬことを「生粋きっすい」の江戸児は誇りとした。「江戸の花」には、命をも惜しまない町火消まちびけし鳶者とびのものは寒中でも白足袋しろたびはだし、法被はっぴ一枚の「男伊達おとこだて」をとうとんだ。

「いき」には、「江戸の意気張り」「辰巳たつみ侠骨きょうこつ」がなければならない。「いなせ」「いさみ」「伝法でんぽう」などに共通な犯すべからざる気品・気格がなければならない。

「野暮は垣根の外がまへ、三千楼の色くらべ、意気地いきじくらべや張競べ」というように、「いき」は媚態でありながらなお異性に対して一種の反抗を示す強味をもった意識である。

「鉢巻の江戸紫」に「いきなゆかり」を象徴する助六すけろくは「若い者、間近く寄つてしやつつらを拝み奉れ、やい」といって喧嘩を売る助六であった。

「映らふ色やくれなゐの薄花桜」と歌われた三浦屋の揚巻あげまきひげ意休いきゅうに対して「慮外ながら揚巻で御座んす。暗がりで見ても助六さんとお前、取違へてよいものか」という思い切った気概を示した。

「色と意気地を立てぬいて、気立きだてすいで」とはこの事である。かくして高尾たかお小紫こむらさきも出た。「いき」のうちには溌剌はつらつとして武士道の理想が生きている。

「武士は食わねど高楊枝たかようじ」の心が、やがて江戸者の「宵越よいごしぜにを持たぬ」誇りとなり、更にまた「ころ」「不見転みずてん」をいやしむ凛乎りんこたる意気となったのである。

傾城けいせいは金でかふものにあらず、意気地にかゆるものとこころへべし」とはくるわおきてであった。「金銀は卑しきものとて手にも触れず、仮初かりそめにも物の直段ねだんを知らず、泣言なきごとを言はず、まことに公家大名くげだいみょう息女そくじょの如し」とは江戸の太夫たゆうの讃美であった。

五丁町ごちょうまちはじなり、吉原よしわらの名折れなり」という動機のもとに、吉原の遊女は「野暮な大尽だいじんなどは幾度もはねつけ」たのである。「とんと落ちなば名は立たん、どこの女郎衆じょろしゅ下紐したひもを結ぶの神の下心」によって女郎は心中立しんじゅうだてをしたのである。

理想主義の生んだ「意気地」によって媚態が霊化されていることが「いき」の特色である。

 要するに「いき」とは、わが国の文化を特色附けている道徳的理想主義と宗教的非現実性との形相因によって、質料因たる媚態が自己の存在実現を完成したものであるということができる。

したがって「いき」は無上の権威をほしいままにし、至大の魅力を振うのである。「粋な心についたらされて、うそと知りてもほんまに受けて」という言葉はその消息を簡明に語っている。

ケレルマンがその著『日本にける散歩』のうちで、日本の或る女について「欧羅巴ヨーロッパの女がかつて到達しない愛嬌をもって彼女はこびを呈した」といっているのは、おそらく「いき」の魅惑を感じたのであろう。

我々は最後に、この豊かな特彩をもつ意識現象としての「いき」、理想性と非現実性とによって自己の存在を実現する媚態としての「いき」を定義して「垢抜して(諦)、張のある(意気地)、色っぽさ(媚態)」ということができないであろうか。 (二 「いき」の内包的構造)