>   近現代   >   浮雲

浮雲うきぐも
―二葉亭四迷による言文一致体の小説―

浮雲

二葉亭四迷ふたばていしめい(1862~1909)の長編小説。明治20年(1887)~22年(1889)に発表。

学問はできるが観念的で融通のきかない官吏の内海文三うつみぶんぞう、その従妹で流行に弱いおちゃっぴいのおせい、学問よりも要領よく出世することを第一とする俗物の本田昇ら3人の青年男女の葛藤を描いている。

明治中期の功利主義的風潮や官僚制の中で挫折する青年の姿を、言文一致体で描き、日本最初の本格的写実小説とされる。

第一編 第三回

 文三はチョイと一礼して

 「お世辞にもしろ嬉しい

 「アラお世辞じゃアありませんよ真実ほうとうですよ

 「真実ほんとうならなお嬉しいが しかしわたくしにゃア貴嬢あなたと親友の交際は到底出来ない

 「オヤ何故なぜですエ 何故親友の交際が出来ませんエ

 「何故といえばわたくしには貴嬢あなたからずまた貴嬢あなたには私が解からないから どうも親友の交際は……

 「そうですか それでもわたくしには貴君あなたはよくわかッているつもりですよ 貴君の学識があッて品行が方正で親に孝行で……

 「だから貴嬢あなたには私が解らないというのです 貴嬢あなたは私を親に孝行だとおつしゃるけれども孝行じゃアありません 私には……親より……大切な者があります……

どもりながら言ッて文三は差俯向さしうつむいてしまう お勢は不思議そうに文三の容子ようすを眺めながら

 「親より大切な者……親より……大切な……者……親より大切な者は私にもありますワ

 文三はうなれたくび振揚ふりあげて

 「エ貴嬢あなたにもありますと

 「ハアありますワ

 「……誰れが

「人じゃアないの、アノ真理しんり

「真理

ト文三は慄然ぶるぶる胴震どうぶるいをして唇を喰いしめたまま暫らく無言だんまり ややあッてにわか喟然きぜんとして歎息して

 「アア貴嬢あなたは清浄なものだ潔白なものだ……親より大切なものは真理……アア潔白なものだ……しかし感情という者は実に妙なものだナ 人をにしたり、人を泣かせたり笑わせたり、人をあえだりもんだりして玩弄する 玩弄されると薄々うすうす気が附きながらそれを制することが出来ない アア自分ながら……

すこし考えて ややありて熱気やつきとなり

 「ダガ思い切れない……どうあッても思い切れない……お勢さん貴嬢あなたは御自分が潔白だから是様こんな事を言ッてもおわかりがないかも知れんが 私には真理よりか……真理よりか大切な者があります 去年の暮から全半歳まるはんとし その者のために感情を支配せられててもめても忘られはこそ 死ぬより辛いおもいをしていても先ではすこしも汲んでくれない むしろ強顔つれなくされたならばまた思い切りようもあろうけれども……

すこし声をかすませて

 「なまじい力におもうの、親友だのといわれて見れば私は……どうも……どうあッても思い……

 「アラ月が……まるで竹の中から出るようですよ ちょっと御覧なさいヨ

第一編 第五回

 「オヤ大変片付たこと

 「余りヒッ散らかっていたから

ト我知らず言ッて文三は我を怪んだ 何故虚言そらごとを言ッたか自分にも解りかねる お勢は座に着きながらさして吃驚びつくりした様子もなく

 「アノ今母親おつかさんがおはなしだッたが 文さん免職におなりなすったとネ

 「昨日免職になりました

ト文三も今朝けさとはうってかわッて今は其処そこどころでないと言ッたような顔付

 「実に面目はありませんが しかしいくら悔んでも出来た事は仕様がないと思ッて今朝母親おつかさんに御風聴ごふいちよう申したが……叱られました

トいって歯を囓切くいしばッて差俯向さしうつむく  「そうでしたとネー だけれども……

 「二十三にもなッて 親一人楽に過す事の出来ない意久地なしと言わないばかりに仰しゃッた

 「そうでしたとネー だけれども……

 「なるほど私は意久地なしだ 意久地なしに違いないが しかしなんぼ叔母おい間柄あいだがらだと言ッて 面と向ッて意久地なしだと言われては 腹も立たないがあんまり……

 「だけれどもあれは母親おつかさんの方が不条理ですワ 今もネ母親おつかさんが得意になってお話しだったから私が議論したのですヨ 議論したけれども母親おつかさんには私の言事いうことが解らないと見えてネ ただ腹ばッかり立てているのだから教育のない者は仕様がないのネートきまり文句 文三は垂れていたこうべをフッと振挙げて

 「エ母親おつかさんと議論をなすった

 「ハア

 「僕のために

 「ハア君のために弁護したの

 「アア

ト言ッて文三は差俯向さしうつむいてしまう 何だか膝の上へボッタリ落ちた物がある  「どうかしたの文さん

トいわれて文三は漸く頭をもた莞爾につこり笑い そのくせまぶち湿うるませながら

 「どうもしないが……実に……実に嬉れしい……母親おつかさんの仰しゃる通り二十三にもなッてお袋一人さえすごしかねる 其様そんな不甲斐ない私をかばって母親おつかさんと議論をなすったと 実に……

 「条理をといても解らないくせに腹ばかり立てているから仕様がないの

ト少し得意のてい

 「アアそれほどまでに私を……思ッて下さるとは知らずして 貴嬢あなたに向ッて匿立かくしだてをしたのが今更はずかしい アアはずかしい モウこうなれば打散ぶちまけてお話してしまおう 実はこれから下宿をしようかと思ッていました

 「下宿を

 「サ しようかと思ッていたんだがしかしう出来ない 他人同様の私をかばって実の母親おつかさんと議論をなすったその貴嬢あなた御信切ごしんせつきいちゃ。しろと仰しゃッてもう出来ない……がそうすると母親おつかさんにおわびを申さなければならないが……

 「打遣うつちやッておおきなさいヨ あんな教育のない者が何と言ッたッてう御座んさアネ

 「イヤそうでない それでは済まない 是非お詫を申そう がしかしお勢さん お志は嬉しいが母親おつかさんと議論をすることはめて下さい 私のために貴嬢あなたを不孝の子にしては済まないから

 「お勢

下坐舗したざしきの方でお政の呼ぶ声がする

 「アラ母親おつかさんが呼んでお出でなさる

 「ナアニ用もなんにもあるんじゃアないの

 「お勢

 「マア返事をさいヨ

 「お勢お勢

 「ハアイ……チョッ五月蠅うるさいこと

起揚たちあが

 「今話した事は皆母親おつかさんにはコレですよ

ト文三が手頭てくびを振ッて見せる お勢はただ点頭うなずいたのみで言葉はなく二階を降りて奥坐舗おくざしきへ参ッた

 先程より疳癪かんしやくまなじりを釣り上げて手ぐすねひいて待ッていた母親のお政は お勢の顔を見るより早く込み上げて来る小言を一時いちじにさらけ出しての大怒鳴おおがなり

 「お……お……お勢 あれほど呼ぶのがお前には聞えなかッたかエ 聾者つんぼじゃあるまいししとが呼んだら好加減いいかげんに返事をするがいい……全躰ぜんたいマア何の用があッて二階へおでだ。エ、何の用があッてだエ

逆上のぼせあがッてめ付けても此方こなたは一向平気なもので

 「何にも用はありヤアしないけれども……

 「用がないのに何故なぜでだ 先刻さつきあれほどうこれからは今までのようにヘタクタ二階へッてはならないと言ッたのが お前にはまだ解らないかエ さかりのついた犬じゃアあるまいしがなすきがな文三のそばへばッかしきたがるよ

 「今までは二階へ往ッても善くッてこれからは悪いなんぞッて 其様そんな不条理な

 「チョッ解らないネー 今までの文三と文三が違います お前にゃア免職になった事が解らないかエ

 「オヤ免職になってどうしたの 文さんが人を見ると咬付かみつきでもするようになったのへーそう

 「な。な。な。なんだと なんとお言いだ……コレお勢それはお前あんまりと言うもんだ あんまり親をば。ば。ば。馬鹿にすると言うもんだ

 「ば。ば。ば。馬鹿にはしません へーわたくしは条理のある所を主張するので御座いますト唇を反らしていうを聞くや否や お政は忽ち顔色がんしよくを変えて手に持ッていた長羅宇ながらう烟管きせるたたみほうり付け

 「エーくやしい

ト歯を喰切くいしばッて口惜くちおしがる その顔を横眼でジロリと見たばかりでお勢はすまアし切ッて座舗ざしき立出たちいでてしまッた

 しかしながらこれを親子喧嘩と思うと女丈夫の本意にそむく どうしてどうして親子喧嘩……其様そんな不道徳な者でない これはこれかたじけなくも難有ありがたくも日本文明の一原素ともなるべき新主義と時代後れの旧主義と衝突をする所 よくお眼を止めて御覧あられましょう

 その文三は断念おもいきッて叔母に詫言わびごとをもうしたが ヤてこずったの梃ずらないのといつてそれはそれは……まずお政が今朝言ッた厭味に輪を懸け枝を添えて百曼駝羅ひやくまんだら並べ立てた上句あげく お勢の親を麁末そまつにするのまでを文三の罪にして難題を言懸いいかける

 されども文三がしんだ気になって諸事おるされてで持切もちきッているに お政もスコだれの拍子抜けという光景きみで厭味の音締ねじめをするようになッたからまず好しと思う間もなく

 ふとまた文三の言葉尻から焼出もえだして以前にも立優たちまさる火勢 黒烟くろけぶり焔々えんえんと顔にみなぎる所を見てはとても鎮火しそうもなかッたのも

 文三がすみませぬの水を斟尽くみつくしてそそぎかけたので次第次第に下火になって プスプスいぶりになって遂に不精不精ふしようぶしよう鎮火しめ

 文三はほつと一息 寸善尺魔すんぜんしやくまの世の習い またもや御意ぎよいの変らぬ内にと挨拶も匆々そこそこッて坐敷ざしきを立出で二、三歩するとうしろかたでお政がさもきこえよがしの独語ひとりごと

 「アアアア今度こんだこそは厄介払いかと思ッたらまた背負込しよいこみか