>   近現代   >   それから

それから
―漱石前期三部作の第二作目―

それから
Amazon.co.jp

夏目漱石(1867~1916)の長編小説。明治42年(1909)、「朝日新聞」に連載。翌年1月、春陽堂刊。

主人公の長井代助は大学卒業後、就職も結婚もせず、父や兄からの仕送りで気ままに暮らしていた。

ある日、友人の平岡が大阪での仕事に失敗し上京、平岡の妻三千代と再会し、彼女との恋愛に苦悶する。

代助は『三四郎』のそれからの姿であり、代助自身のそれからは『門』へと続いている。

この作品以降、漱石の作風は罪悪感やエゴイズムの追求へと変化していった。

三四郎』、『門』と合わせて「前期三部作」の第二作目。

「僕の存在には貴方が必要だ。何うしても必要だ。僕は夫丈の事を貴方に話したい為にわざわざ貴方を呼んだのです」(十四)

三千代は声を立てゝ泣いた。代助は慰撫なだめる様に、

「ぢや我慢しますか」と聞いた。

「我慢はしません。当り前ですもの」

「是から先まだ変化がありますよ」

「ある事は承知してゐます。何んな変化があつたつて構やしません。私は此間から、――此間から私は、もしもの事があれば、死ぬ積で覚悟を極めてゐるんですもの」

代助は慄然としておののいた。

「貴方に是から先どうしたら好いと云ふ希望はありませんか」と聞いた。

「希望なんか無いわ。何でも貴方の云ふ通りになるわ」

「漂泊――」

「漂泊でも好いわ。死ねと仰しやれば死ぬわ」

代助は又ぞつとした。(十六)