>   近現代   >   草木塔

草木塔そうもくとう
―山頭火が晩年に自選した一代句集―

草木塔
Amazon.co.jp

種田たねだ山頭火さんとうか(1882~1940)の自選句集。昭和15年(1940)4月28日、東京の八雲書林より刊行。

第一句集から第七句集(『鉢の子』『草木塔』『山行水行』『雑草風景』『柿の葉』『孤寒』『鴉』)までを集成した一代句集。

独特の自由律俳句による名作である。

分け入つても分け入つても青い山

炎天をいただいて乞ひ歩く

鴉啼いてわたしも一人

生死の中の雪ふりしきる

木の葉散る歩きつめる

まつすぐな道でさみしい

雨ふるふるさとははだしであるく

春風の鉢の子一つ

月も水底に旅空がある

うしろすがたのしぐれてゆくか

鉄鉢の中へも霰

捨てきれない荷物のおもさまへうしろ

だまつて今日の草鞋穿く

風の明暗をたどる

さて、どちらへ行かう風がふく

何を求める風の中ゆく

ちんぽこもおそそも湧いてあふれる湯

うどん供へて、母よ、わたくしもいただきまする

すべつてころんで山がひつそり

いさましくもかなしくも白い函