>   近現代   >   みだれ髪

みだれがみ
―与謝野晶子の恋愛を中心とした歌集―

みだれ髪

与謝野よさの晶子あきこ(1878~1942)の第一歌集。明治34年(1901)8月刊。
旧姓「鳳晶子」で出版された。収録作品399首のうち100余首は書き下ろし作品である。

官能をともなう恋愛作品を高らかに詠っており、近代短歌の一大源流をなした。

夜のちやうにささめき尽きし星の今を下界げかいの人の鬢のほつれよ

歌にきけな誰れ野の花に紅きいなむおもむきあるかな春罪はるつみもつ子

かみ五尺ときなば水にやはらかき少女をとめごころは秘めて放たじ

血ぞもゆるかさむひと夜の夢のやど春を行く人神おとしめな

椿それも梅もさなりき白かりきわが罪問はぬ色桃いろもゝに見る

その子二十はたち櫛にながるる黒髪のおごりの春のうつくしきかな

堂の鐘のひくきゆふべを前髪の桃のつぼみにきやうたまへ君

紫にもみうらにほふみだればこをかくしわづらふ宵の春の神

臙脂色ゑんじいろは誰にかたらむ血のゆらぎ春のおもひのさかりのいのち

紫の濃き虹説きしさかづきにうつる春の子眉毛まゆげかぼそき

紺青こんじやうを絹にわが泣く春の暮やまぶきがさねとも歌ねびぬ

まゐる酒にあかき宵を歌たまへをんなはらから牡丹に名なき

海棠にえうなくときしべにすてて夕雨ゆふさめみやるひとみよたゆき

水にねし嵯峨の大堰おほゐのひと夜神よがみ絽蚊帳ろがやの裾の歌ひめたまへ

春の国恋の御国のあさぼらけしるきは髪か梅花ばいくわのあぶら

今はゆかむさらばと云ひし夜の神の御裾みすそさはりてわが髪ぬれぬ

細きわがうなじにあまる御手みてのべてささへたまへな帰る夜の神

清水きよみづ祇園ぎをんをよぎる桜月夜さくらづきよこよひ逢ふ人みなうつくしき

秋の神の御衣みけしより曳く白き虹ものおもふ子の額に消えぬ

きやうはにがし春のゆふべを奥の院の二十五菩薩歌うけたまへ

やは肌のあつき血汐にふれも見でさびしからずや道を説く君

狂ひの子われにほのほはねかろき百三十里あわただしの旅

乳ぶさおさへ神秘しんぴのとばりそとけりぬここなる花のくれなゐぞ濃き

なにとなく君に待たるるここちして出でし花野の夕月夜かな

むねの清水あふれてつひに濁りけり君も罪の子我も罪の子

下京しもぎやう紅屋べにやかどをくぐりたる男かわゆし春の夜の月

くろ髪の千すぢの髪のみだれ髪かつおもひみだれおもひみだるる

いとせめてもゆるがままにもえしめよ斯くぞ覚ゆる暮れて行く春

春みじかし何に不滅の命ぞとちからある乳を手にさぐらせぬ

道を云はず後を思はず名を問はずここに恋ひ恋ふ君と我と見る