>   近現代   >   一握の砂

一握いちあくすな
―石川啄木の処女歌集―

一握の砂

石川啄木いしかわたくぼく(1886~1912)の処女歌集。明治43年(1910)12月東雲堂書店刊。
一首三行書きの短歌551首収録。「我を愛する歌」「煙」「秋風のこころよさに」「忘れがたき人人」「手套てぶくろを脱ぐ時」の5章からなる。

「東海の小島の磯の……」「はたらけどはたらけど……」「友がみなわれよりえらく見ゆる日よ……」などがとくに有名。

東海とうかい小島こじまいそ白砂しらすな
われきぬれて
かにとたはむる

につたふ
なみだのごはず
一握いちあくの砂をしめしし人をわすれず

いのちなき砂のかなしさよ
さらさらと
にぎれば指のあひだより落つ

だいといふ字を百あまり
砂に書き
死ぬことをやめて帰りきたれり

たはむれに母を背負せおひて
そのあまりかろきに泣きて
三歩あゆまず

朝はやく
婚期こんきを過ぎし妹の
恋文こひぶみめけるふみを読めりけり

はたらけど
はたらけどなほわが生活くらし楽にならざり
ぢつと手を見る

友がみなわれよりえらく見ゆる日よ
花を買ひ
つまとしたしむ

ふるさとのなまりなつかし
停車場ていしやばの人ごみの中に
そをきにゆく

かにかくに渋民村しぶたみむらは恋しかり
おもひでの山
おもひでの川

石をもて追はるるごとく
ふるさとをでしかなしみ
消ゆる時なし