>   中古   >   往生要集

往生要集おうじょうようしゅう
―地獄・極楽のイメージを最初に定着させた仏教書―

往生要集
Amazon.co.jp

仏教書。三巻。源信げんしん著。永観三年(985)成立。

厭離おんり穢土えど」「欣求ごんぐ浄土」「極楽証拠」「正修念仏」「助念方法」「別時念仏」「念仏利益りやく」「念仏証拠」「往生諸業しょごう」「問答料簡」の十門からなる。

種々の経論中から極楽往生の要文を抜粋し、念仏以外に極楽往生の法のないことを問答体で説いている。日本浄土教思想の最高の書であり、平安中期以降の文学や美術などに大きな影響を及ぼした。

日本人に地獄・極楽のイメージを最初に定着させた仏教書でもある。

 それ往生極楽の教行けうぎやうは、濁世じよくせ末代の目足もくそくなり。道俗貴賤、、たれか帰せざる者あらん。ただし顕密けんみつの教法は、その文、一にあらず。事理じり業因ごふいん、その行これ多し。利智りち精進の人は、いまだ難しと為さざらんも、予が如き頑魯ぐわんろの者、あに敢てせんや。(巻上)

 まさに知るべし、草庵に目をあはすの間は、便ちこれ蓮台にを結ぶの程なるを。即ち弥陀仏ののちに従ひ、菩薩衆の中にあり、一念の頃に西方さいはう極楽世界に生ずることをん。(巻上)

 何故なにゆへぞ、刹那せつな苦果くくわおいてすら、へ難きをいとひ、永劫の苦因に於いては、自らほしいままに作らんことをねがふや。

是故このゆへまさに知るべし、煩悩と菩提と体はこれゐちなりといへども、時と用とことなるが故に、染浄ぜんじやう同じからざること、水と氷のごとし。

またたねくだものとの如し。その体はこれ一なれども、時に随ひて用はことなりなり。これにりて、道を修する者は、本有ほんぬの仏性をあらはし、道を修せざる者は、つひに理をあらはすことなけむ。(巻上)

 まさにこの念をすべし。弥陀如来つねにわが身を照し、わが善根ぜんごん護念ごねんし、わが機縁きゑんを観察したまひて、我もし機縁じゆくせば、時を失はずして引接いんぜうせられんと。(巻中)

 今、念仏を勧むるは、これ余の種々の妙行めうぎやうさへぎるにあらず。ただこれ、男女貴賤、行住坐臥をえらばず、時処じしよ諸縁を論ぜず、これを修するに難からず、乃至、臨終りんじうに往生を願ひ求むるに、その便宜をること念仏にかず。(巻下)