>   上代   >   古事記

古事記こじき
―我が国最古の歴史書―

古事記

我が国最古の歴史書。三巻。712年成立。
稗田阿礼ひえだのあれ誦習しょうしゅうさせていた帝紀・旧辞を、太安万侶おおのやすまろが撰録。

上巻は神代の物語(神話)、中巻は神武天皇から応神天皇まで十五代の記事、下巻は仁徳天皇から推古天皇まで十八代の記事を収める。

ここにそのいも伊邪那美命いざなみのみことに問ひて、「が身は如何いかにか成れる」とりたまへば、「が身は、成り成りて、成り合はざる処一処ひとところあり」と答へたまひき。ここに伊邪那岐命いざなきのみことりたまはく、「が身は成り成りて、成り余れる処一処あり。かれ、この吾が身の成り余れる処をもちて、が身の成り合はざる処にさしふたぎて、国土くにを生み成さむとおもふ。生むこといかに」とのりたまへば、伊邪那美命いざなみのみこと、「然善しかよけむ」と答へたまひき。

ここに伊邪那岐命りたまはく、「然らば吾と汝とこの天の御柱を行きめぐり逢ひて、みとのまぐはひせむ」とのりたまひき。かくちぎりてすなはち、「汝は右よりめぐり逢へ。我は左より廻り逢はむ」と詔りたまひ。ちぎへて廻る時、伊邪那美命先に「あなにやし、えをとこを」と言ひ、のちに伊邪那岐命、「あなにやし、えをとめを」と言ひ、おのおの言ひへし後、その妹に告げて、「女人おみな先に言へるは良からず」とりたまひき。然れどもくみどにおこして、子水蛭子ひるこを生みき。この子は葦船あしぶねに入れて流してき。次に淡島あはしまを生みき。こも子のかずには入らず。(伊邪那岐命と伊邪那美命)

ここに大穴牟遅神おほなむぢのかみそのうさぎに教へてりたまはく、「今すみやかにこの水門みなとに往き、水をもちて汝が身を洗ふ即ち、その水門の蒲黄かまのはなを取り、敷き散らしてその上に輾轉こいまろべば、が身もとはだのごと必ずえむ」とのりたまひき。かれ、教への如くせしに、その身もとの如し。これ稲羽いなば素菟しろうさぎなり。今に菟神うさぎかみといふ。かれ、その菟大穴牟遅神にまをさく、「この八十神は、必ず八上比売やがみひめを得じ。ふくろを負へども汝命いましみことたまはむ」とまをしき。(因幡の白兎)