>   近現代   >   海潮音

海潮音かいちょうおん
―上田敏の第一訳詩集―

海潮音
Amazon.co.jp

上田敏うえだびん(1874~1916)の訳詩集。明治38年(1905)10月、本郷書院刊。

ヨーロッパの詩人29人の作品57編を収める。ベルレーヌ「落葉」、ブッセ「山のあなた」、ブラウニング「春のあした」など名訳が多い。

この詩集は薄田泣菫すすきだきゅうきん、北原白秋らをはじめ、多くの詩人たちに多大なる影響を与え、近代詩の流れを大きく動かす働きをした。

  落葉らくえふ      ポオル・ヴェルレエヌ
秋の日の
ヴィオロンの
ためいきの
身にしみて
ひたぶるに
うら悲し。
鐘のおとに
胸ふたぎ
色かへて
涙ぐむ
過ぎし日の
おもひでや。
げにわれは
うらぶれて
こゝかしこ
さだめなく
とび散らふ
落葉おちばかな。

  山のあなた      カアル・ブッセ
山のあなたの空遠く
さいはひ」住むと人のいふ。
あゝ、われひとゝめゆきて、
涙さしぐみかへりきぬ。
山のあなたになほ遠く
さいはひ」住むと人のいふ。

  春のあした      ロバアト・ブラウニング
時は春、
日はあした
あしたは七時、
片岡かたをかに露みちて、
揚雲雀あげひばりなのりいで、
蝸牛かたつむり枝にひ、
神、そらにろしめす。
すべて世は事も無し。

  わすれなぐさ      ウィルヘルム・アレント
ながれのきしのひともとは、
みそらのいろのみづあさぎ、
なみ、ことごとく、くちづけし
はた、ことごとく、わすれゆく

        パウル・バルシュ
森は今、花さきみだれ
えんなりや、五月さつきたちける。
神よ、擁護おうごをたれたまへ、
あまりにさちのおほければ。
やがてぞ花は散りしぼみ、
えんなる時も過ぎにける。
神よ擁護おうごをたれたまへ、
あまりにつらきとがそ。

        オイゲン・クロアサン
けふつくづくと眺むれば、
かなしみいろくちにあり。
たれもつらくはあたらぬを、
なぜに心のかなしめる。
秋風あきかぜわたる青木立あをこだち
葉なみふるひて地にしきぬ。
きみが心のわかき夢
秋の葉となり落ちにけむ。

  わかれ    ヘリベルタ・フォン・ポシンゲル
ふたりを「とき」がさきしより、
昼は事なくうちすぎぬ。
よろこびもなく悲まず、
はたたれをかも怨むべき。
されど夕闇おちくれて、
星の光のみゆるとき、
病の床のちごのやう、
心かすかにうめきいづ。

  水無月みなづき        テオドル・ストルム
子守歌風に浮びて、
暖かに日は照りわたり、
田の麦は足穂たりほうなだれ、
いばらには紅き熟し、
小河をがはには木の葉みちたり。
いかにおもふ、わかきをみなよ。

  花のをとめ        ハインリッヒ・ハイネ
たへに清らの、あゝ、わがよ、
つくづくみれば、そゞろ、あはれ、
かしらや撫でゝ、花の身の
いつまでも、かくは清らなれと、
いつまでも、かくは妙にあれと、
いのらまし、花のわがめぐしご。

  白楊はくやう        テオドル・オオバネル
落日の光にもゆる
白楊はくやうそびやぐ並木、
谷隈たにくまになにか見る、
風そよぐ梢より。

  故国        テオドル・オオバネル
小鳥でさへも巣は恋し、
まして青空、わが国よ、
うまれの里の波羅葦増雲パライソウ

  海のあなたの      テオドル・オオバネル
海のあなたの遙けき国へ
いつも夢路の波枕、
波の枕のなくなくぞ、
こがれ憧れわたるかな、
海のあなたの遙けき国へ。

  篠懸すずかけ          ガブリエレ・ダンヌンチオ
白波しらなみの、潮騒しほざゐのおきつ貝なす
青緑あをみどりしげれる谿たに
まさかりの真昼ぞしろす。
われは昔の野山の精を
まなびて、こゝに宿からむ、
あゝ、神寂びし篠懸すゞかけよ、
なれがにほひの濡髪ぬれがみに。