>   海外   >   ルバイヤート

ルバイヤート
―11世紀ペルシャの四行詩集―

ルバイヤート
Amazon.co.jp

「ルバイヤート」とはペルシア語の四行詩集のこと。「ルバーイー」(四行詩)の複数形。

代表的詩人としてオマル・ハイヤームが名高い。人生の無常、宿命、酒の賛美などが基調となっている。

19世紀のイギリス詩人フィッツジェラルドの名訳が刊行されて以来、世界中に名声が高まり、日本語を含め世界の主要な言語に翻訳された。

一壺のあけの酒、一巻の歌さえあれば、
それにただ命をつなぐかてさえあれば、
君とともにたとえ荒屋あばらやに住まおうとも、
心は王侯スルタンの栄華にまさるたのしさ!(98)

おれは有と無の現象あらわれを知った。
またかぎりない変転の本質もとを知った。
しかもそのさかしさのすべてをさげすむ、
酔いの彼方かなたにはそれ以上の境地があった。(99)

酒姫サーキイの心づくしでとりとめたおれの命、
今はむなしく創世の論議も解けず、
昨夜の酒も余すところわずかに一杯、
さてあとはいつまでつづく? おれの命!(100)

酒をのめ、それこそ永遠の生命だ、
また青春の唯一の効果しるしだ。
花と酒、君も浮かれる春の季節に、
たのしめ一瞬ひとときを、それこそ真の人生だ!(133)