>   海外   >   プルターク英雄伝

プルターク英雄伝えいゆうでん
―ギリシア・ローマの波瀾万丈な英雄伝―

プルターク英雄伝〈上〉
Amazon.co.jp

プルタルコス(Plutarchos)(後1~2世紀)著。正しくは「対比列伝」(Bioi Paralleroi)。

古代ギリシア、ローマに活躍したアレキサンダー、シーザー、ブルータス等政治家、軍人50人の波瀾万丈の生涯を描いた伝記。

シェークスピア劇の題材になるなど、古くから愛読されてきた。人生をよりよく生きるための示唆を与えてくれる名著。

貝殻追放オストラキスモス
アリスチデスが町を歩いていると、見知らぬ一人のいやしい男が、往来で袖を引き止めてこう言った。

「旦那すまねえが、俺は字が書けねえから、ちょいと書いてくんねえか」
と、貝殻を差し出した。

「なんと書けばいいのか」

 するとその男は、ぶっきら棒にこう答えるではないか。
「アリスチデス」

 アリスチデスは、キッとその男の顔を見て、それから静かに聞いた。

「どうして君は、その人を追放しようと思うのか」

「なあに、別に訳はないんだけど、あんまりみんながアリスチデス、アリスチデスと、めるのを聞くのがうるさいからさ」

 アリスチデスは苦笑して、黙って自分の名を貝殻に書いてやった。

 信望というものは、あまり度が過ぎるとかえって墓穴を掘るものだ。(谷沢永一編訳)