>   中世   >   風姿花伝

風姿花伝ふうしかでん
―世阿弥の能楽論書―

風姿花伝
Amazon.co.jp

室町前期の能楽論書。七編。世阿弥著。応永七年(1400)から同九年頃の成立。

生涯の稽古のありかたを段階ごとに説く「年来稽古条々」など、その内容は演技・演出の全般にわたる。芸術論としても重要。

略称は『花伝』。『花伝書』という俗称は正しくない。

(序)
 それ、申楽さるがく延年の事わざ、その源を尋ぬるに、あるひは仏在所より起り、あるひは神代かみよより伝はるといへども、時移り、代隔りぬれば、その風を学ぶ力、及び難し。

近来、万人のもてあそぶところは、推古天皇の御宇ぎように、聖徳太子、はだ河勝かうかつに仰せて、かつは天下安全のため、かつは諸人快楽けらくのため、六十六番の遊宴いうえんをなして、申楽さるがくと号せしよりこのかた、代々よよの人、風月の景を借つて、この遊びの中だちとせり。

その後、かの河勝の遠孫、この芸を相続ぎて、春日・日吉ひえの神職たり。よつて、和州・江州がうしうともがら、両社の神事じんじに従ふ事、今に盛んなり。

 されば、古きを学び、新しきを賞する中にも、全く風流をよこしまにすることなかれ。ただ、言葉卑しからずして、姿幽玄ならんを、うけたる達人とは申すべきか。

先ず、この道に至らんと思はん者は、非道を行ずべからず。ただし、歌道は風月ふげつ延年の飾りなれば、もつともこれを用ふべし。

およそ、若年よりこのかた、身聞き及ぶところの稽古の条々でうでう、大概しるし置く所なり。

一、好色・博奕・大酒、三重戒、これ古人の掟なり。
一、稽古は強かれ、情識はなかれ、となり。

風姿花伝第一 年来稽古条々
   七歳
 一、この芸において、大かた七歳をもて初めとす。このころの能の稽古、必ず、その物自然じねんとし出だす事に、得たる風体あるべし。

舞・はたらきの間、音曲おんぎよく、もしくは怒れる事などにてもあれ、ふとし出ださんかゝりを、うち任せて、心のまゝにせさすべし。

さのみに「善き」「悪しき」とは、教ふべからず。あまりに痛くいさむれば、わらんべは気を失ひて、能、ものくさく成りたちぬれば、やがて能は止まるなり。

風姿花伝第二 物学ものまね条々
 物まねの品々しなじな、筆に尽し難し。さりながら、この道の肝要なれば、その品々を、いかにもいかにもたしなむべし。

 およそ、何事をも残さず、よく似せんが本意なり。しかれども、また、事によりて、濃き・淡きを知るべし。

風姿花伝第三 問答条々
 とふ。そもそも、申楽さるがくを始むるに、当日に臨んで、まづ座敷を見て、吉凶をかねて知る事は、いかなる事ぞや。

 こたふ。この事、一大事なり。その道に得たらん人ならでは、心得べからず。

風姿花伝第四 神儀に云はく
 一、申楽さるがく・神代の始まりと云つぱ、天照大神、天の岩戸に籠り給ひし時、天下常闇とこやみに成りしに、八百やほよろづの神達、天香具山に集り、大神の御心をとらんとて、神楽かぐらを奏し、細男せいなうを始め給ふ。

(第五)奥義に云はく
 そもそも、風姿花伝の条々、大かた、外見のはばかり、子孫の庭訓ていきんのためしるすといへども、たゞ望む所の本意とは、当世、この道のともがらを見るに、芸のたしなみはおろそかにて、非道のみ行じ、たまたま当芸に至る時も、たゞ一夕のけせう、一旦の名利に染みて、源を忘れて流れを失ふ事、道すでにすたる時節かと、これを歎くのみなり。

風姿花伝第六 花修くわしゆに云はく
 一、能の本を書く事、この道の命なり。きはめたる才学さいかくの力なけれども、たゞたくみによりて、よき能にはなるもの也。

 大方の風体ふうてい、序破急の段に見えたり。ことさら、脇の申楽、ほんぜつ正しくて、開口かいこより、そのいはれと、やがて人の知る如くならんずる来歴を書くべし。

風姿花伝第七 別紙口伝
 この口伝に花を知る事。まづ、仮令けんりやう、花の咲くを見て、よろづに花と譬へ始めしことわりをわきまうべし。

 されば、初心よりのこのかたの、芸能の品々を忘れずして、その時々・用々に従つて取り出すべし。若くては年寄の風体、年寄りては盛りの風体を残す事、珍らしきにあらずや。

しかれば、芸能の位上れば、過ぎし風体をし捨てし捨て忘るゝ事、ひたすら花の種を失ふなるべし。その時々にありし花のまゝにて、種なければ、手折たをれる枝の花の如し。

種あらば、年々時々のころに、などか逢はざらん。たゞ、返すがへす、初心を忘るべからず。されば、常の批判にも、若き為手してをば、「早く上がりたる」「功入りたる」など褒め、年寄りたるをば、「若やぎたる」など批判するなり。

これ、珍らしきことわりならずや。十体じつていの内を色どらば、百色ももいろにもなるべし。その上に、年々去来の品々を、一身当芸に持ちたらんは、いか程の花ぞや。

 一、この別紙の口伝くでん、当芸に於いて、家の大事、一代一人の相伝さうでんなり。たとへ一子たりと云ふとも、無器量ぶきりやうの者には伝ふべからず。「家、家にあらず。ぐをもて家とす。人、人にあらず。知るをもて人とす」と云ゑり。これ、万徳了達の妙花めうくわを極むる所なるべし。