>   海外   >   ラ・ロシュフコー箴言集

ラ・ロシュフコー箴言集しんげんしゅう
―フランス・モラリスト文学の最高傑作―

ラ・ロシュフコー箴言集
Amazon.co.jp

フランスのモラリスト、ラ・ロシュフコー(1613~1680)の格言集。通例「マキシム」(Maximes)と略称する。1664年初版刊行、以後生前第五版まで改稿・修正を重ねる。

人間性の根源にエゴイズムをみる箴言約600を集めたもの。フランス・モラリスト文学の最高傑作。

本当の恋は幽霊と同じで、誰もがその話をするが見た人はほとんどいない。

太陽も死もじっと見つめることはできない。

われわれは、自分と同じ意見の人以外は、ほとんど誰のことも良識のある人とは思わない。

われわれはふつう、自分を賛美してくれる人びとしか心から誉めない。

よい結婚はあるが楽しい結婚はない。

自分の妻のことはめったに語るべきでない、ということなら、人はかなりよく知っている。しかし、自分自身についてはなおさら語るべきでない、ということを人はあまり知らない。

かつて美しく愛らしかった老婦人が陥る最も危険な滑稽さは、自分がもはやそうではないことを忘れてしまうことである。

人は決して自分で思うほど幸福でも不幸でもない。

女は初恋では恋人を恋し、次からは恋を恋する。

隣人の没落は敵をも味方をも嬉しがらせる。

頭のいい馬鹿ほどはた迷惑な馬鹿はいない。