ホーム > 近現代 >   赤光

赤光しゃくこう
―斎藤茂吉の処女歌集―

斎藤茂吉(1882~1953)の第一歌集。大正2年(1913)10月東雲堂書店刊。834首。制作の逆年代順に配列している。

改選『赤光』は大正10年(1921)11月東雲堂書店刊。改選版では年代順に戻し、改作と削除によって760首になった。

恋愛と離別を歌った「おひろ」、母の死を悼む「死にたまふ母」の二大連作がとくに有名。この歌集は作者の名を一躍有名にし、芥川龍之介、佐藤春夫をはじめ文壇にも影響を与えた。

おひろ
よるくれば小夜床さよどこに寝しかなしかるおもわも今は無しも小床おどこ

浅草に来てうで卵買ひにけりひたさびしくてわが帰るなる

ひつたりときて悲しもひとならぬ瘋癲学のふみのかなしも

ほのぼのと目を細くしていだかれし子は去りしより幾夜いくよか経たる

しら玉のうれいのをんなきたり流るるがごと今は去りにし

かなしみの恋にひたりてゐたるとき白ふぢの花咲き垂りにけり

あさぼらけひと目見しゆゑしばだたくくろきまつげをあはれみにけり

しんしんと雪ふりし夜にそのゆびのあなつめたよと言ひて寄りしか

うれへつつにし子のゆゑ遠山とおやまにもゆる火ほどのがこころかな

あはれなるおみなまぶた恋ひ撫でてその夜ほとほとわれは死にけり

念々にをんなを思ふわれなれど今夜こよいもおそく朱の墨するも

死にたまふ母
ひろき葉は樹にひるがへり光りつつかくろひにつつしづ心なけれ

みちのくの母のいのちを一目ひとめ見ん一目みんとぞただいそげる

吾妻あづまやまに雪かがやけばみちのくのが母の国に汽車入りにけり

死に近き母に添寝そいねのしんしんと遠田とおたのかはづてんきこゆる

のど赤き玄鳥つばくらめふたつ屋梁はりにゐて足乳たらちねの母は死にたまふなり

星のゐる夜ぞらのもとに赤赤とははそはの母は燃えゆきにけり

ひた心目守まもらんものかほの赤くのぼるけむりのそのけむりはや

笹はらをただかき分けて行きゆけど母を尋ねんわれならなくに

はるけくもはざまのやまに燃ゆる火のくれなゐとが母と悲しき

山ゆゑに笹竹の子をひにけりははそはの母よははそはの母よ