ホーム > 中世 >   閑吟集

閑吟集かんぎんしゅう
―恋愛歌を中心とした室町時代の歌謡集―

室町後期の歌謡集。一巻。編者未詳。永正十五年(1518)成立。

室町時代の小歌三百十一首を、四季・雑、あるいは四季・恋の順に配列し、さらに春の部が、柳・若菜・松・梅・花…のように連歌風に編集されている。

恋愛歌が中心だが、他に虚無的なもの、民謡的なものも含まれ、当時の庶民の生活感情をよく伝えている。江戸期歌謡への影響も著しい。

花の錦の下紐したひもは けてなかなかよしなや 柳の糸の乱れ心 いつ忘れうぞ 寝乱ねみだがみ面影おもかげ(1)

新茶の茶壺ちゃつぼよなう 入れてののちは こちゃ知らぬ こちゃ知らぬ(33)

なにせうぞ くすんで 一期いちごは夢よ ただ狂へ(55)

我が恋は 水に燃えたつ蛍々ほたるほたる もの言はで笑止しょうしの蛍(59)

宇治うじ川瀬かわせ水車みずぐるま なにとうき世をめぐるらう(64)

思ひのたねかや 人のなさけ(81)

ただ人はなさけあれ 朝顔の花の上なる露の世に(96)

恨みは数々かずかず多けれども よしよし申すまじ この花を御法みのりの花になしたまへ(141)

うてもこそまよへ 添うてもこそ迷へ たれもなう 誰になりとも添うてみよ(145)

思へばつゆの身よ いつまでのゆうべなるらん(154)

奥山のほおの木よなう 一度はさやに なしまらしょなしまらしょ(156)

めぐる外山とやまに鳴く鹿は うた別れか 逢はぬうらみか(170)

恋の行方ゆくえを知るといへば 枕にふもつれなかりけり(180)

いわんや興宴きょうえんみぎりには なんぞ必ずしも人のすすめを待たんや(191)

春過ぎ夏けてまた 秋暮れ冬のきたるをも 草木くさきのみただ知らするや あら恋しの昔や 思ひなににつけても(220)

からすだに き世いとひて 墨染すみぞめに染めたるや 身を墨染に染めたり(225)

あまり言葉のかけたさに あれ見さいなう 空行く雲の速さよ(235)

降れ降れ雪よ よいかよひし道の見ゆるに(249)

人の心は知られずや 真実しんじつ 心は知られずや(255)

余所よそちぎらぬ、契らぬさへに名の立つ(270)